musipl.comはまだあまり知られていないアーチストを動画とともに紹介する音楽情報サイトです。「みゅーじぷる」と呼んでください。

 
ズーカラデル『漂流劇団』
 軽快なテンポで展開するポップミュージック。しかし歌われていることは結構シビアで沁みる。表面的にはそんなに売れないバンド人生に突入してどうやったらもっと良い状況に移行できるんだろうかという悩みを、彷徨う日々の中で吐露するようなもので、しかしバンドをやっていない人もそれに漠然と……
 
久保田利伸
『So Beautiful』
 各世代にとって歌が上手いシンガーというのがあって、ある世代にとってそれは平井堅だったりするだろうし、僕にとっては…
 
 
Yellow Studs
『ライブハウス』
 ベテランバンドYellow Studsのベストアルバムがリリース。渋くて男臭いバンドとしてその足場を固めている彼らの…
 

 
記事TOP
『2018年10月musiplレビュー アクセスランキング』
1位 和田唱『1975』/
2位 レイラ『Emma』/
3位 LONGMAN『WALKING』/
4位 サンプラザ中野くん『Runner』/
5位 小林未奈『誰のせい』/ 6位 Vulfpeck『Animal Spirits』/ 7位 ベランダの路地『夜に』/ 8位 CUICUI『さよなら神経』/ 9位 ナミオカコウタロウ『星を見にいこうぜ』/ 10位 Mr.Children『SINGLES』/ 次点 小棚木もみじ『メリミー』/ …
 
レレエモア
『お久しぶりの癒し系ポップ』
musiplレーベル利用による自主レーベルwoolly musicを設立した、レレエモアによる癒し系ポップのアルバム『リストワール』…
 
The Watanabes  『僕らはサンデーアフタヌーンバンドだよ!』
 musiplレーベル第1弾アーチストとして11月17日にアルバムをリリースすることになったThe Watanabes …




 
 
野副一喜
『In this way』
 「ミイラ取りがミイラになる」 この表現が正しいかどうかは分からないが、お目当てのアーティストを聴きにいって…
 
 
Light&wind
『Silvia . All love song to you, don't maybe』
 メロディは一番頑張りました!一番重要な所だと思っています!皆さんに凄く聴いていただきたいです!…