musipl.comはまだあまり知られていないアーチストを動画とともに紹介する音楽情報サイトです。「みゅーじぷる」と呼んでください。

 
littleneem『URUSAINA』
 変拍子の曲には毎回ひっかかる。変拍子の側からすると別にオレらが変なんじゃないしと言うかもしれないが、「通常」の3拍子や4拍子に慣れきっている耳からすればやっぱりそれと違ったのを変拍子と言っちゃうし、そういうリズムの曲が流れてくれば「んん?」と身体が反応する。かくして彼らの……
 
FKA twigs
『home with you』
 曲調的に相応しい形容ではないかもしれないが、彼女のアルバムはリスナーの心を暴力的なまでに激しく揺さぶる。前作から…
 
 
ヒヨリノアメ
『東京』
 聴いていて、東京という場所の特殊性がにじみ出てジワジワと心の中に広がってくるのを感じる。華やかで切ない、東京の記憶…
 

 
記事TOP
『2019年9月musiplレビューアクセスランキング』
1位 岡崎体育『龍』/
2位 中川家『地下鉄御堂筋線ブルース』/
3位 mekakushe『うみのひ』/
4位 西城秀樹『ブルースカイブルー』/
5位 Absolute area『遠くまで行く君に』/
6位 Mellow Youth『Peace』/ 7位 ワタナベシュウヘイ『I'm free』/ 8位 スピッツ『優しいあの子』/ 9位 浜田麻里『Black Rain』/ 10位 フィッシュライフ『むしかご』/ 次点 Super Lapin『feel so good!!』/ …
 
映画『ボヘミアン・ラプソディー』が
もたらす高揚感と、少しの偏差
この日本でも2018年11月公開後、大ヒットを続けているクイーンの『ボヘミアン・ラプソディー』。その効果もあり…
 
レレエモア
『お久しぶりの癒し系ポップ』
musiplレーベル利用による自主レーベルwoolly musicを設立した、レレエモアによる癒し系ポップのアルバム『リストワール』…

 
 
Kaijyu
『痛むな、胸』
 名古屋発"ドラマチックエレクトロシンガー「Kaijyu」 元ユニットRaBBy-K★&DJ taKa解散後 RaBBy-K★のソロ名義…
 
 
JOSUKE
『花化粧』
 マスキュリンなスタイルはそのままに、今までにない鮮烈な華やかさが印象的なシンガーソングライターのJOSUKEによる…