musipl.comはまだあまり知られていないアーチストを動画とともに紹介する音楽情報サイトです。「みゅーじぷる」と呼んでください。

 
太田裕美『雨だれ』
 リアルタイムの頃には太田裕美イチオシというわけではなかったし、この曲の良さもよくわかってなかったし。でも時間が経って時代が変わってみれば、当時イイなと思ってた音楽もどんどん無惨に廃れて、今聴き返してみるとなぜこんな音楽を繰り返し聴いていたんだろうと恥ずかしくなるほど……
 
BEIRUT
『LANDSLIDE』
 宏大な空から指す新しい光に届くようなザック・コンドンの伸びやかな声と節回しが安心感と開放感をもたらせてくれる…
 
 
THE 118's
『僕の言い訳』
 言い訳っていうのは何のためにやるのだろうか。何か悪いことをした場合に、そうしなければならなかった理由があったんだと…
 

 
記事TOP
映画『ボヘミアン・ラプソディー』がもたらす高揚感と、少しの偏差
 この日本でも2018年11月公開後、大ヒットを続けているクイーンの『ボヘミアン・ラプソディー』。その効果もあり、クイーンの曲や、フレディ・マーキュリーの自伝、そして、現在のクイーンにまでオールタイム・アクセスで時空が捻じれているような状況が起こっているが、映画そのものの細部における史実との違いは別にして、“よくできている”映画なのは間違いない。生きて、その生の喜びを満喫すべき、という底流のテーマと、クイーンそのものが持つ音楽の強度が間延びさせることなく…
 
『2018年12月musiplレビュー
   アクセスランキング』
1位 Queeness/
2位 キリンジ/
3位 Yellow Studs/
4位 JUJU/ 5位 テジナ/ 6位 岸田教団&THE明星ロケッツ…
 
レレエモア
『お久しぶりの癒し系ポップ』
musiplレーベル利用による自主レーベルwoolly musicを設立した、レレエモアによる癒し系ポップのアルバム『リストワール』…




 
 
野副一喜
『In this way』
 「ミイラ取りがミイラになる」 この表現が正しいかどうかは分からないが、お目当てのアーティストを聴きにいって…
 
 
Light&wind
『Silvia . All love song to you, don't maybe』
 メロディは一番頑張りました!一番重要な所だと思っています!皆さんに凄く聴いていただきたいです!…