Next Plus Song
MUGENLIFE
『風に吹かれて』
 2013年3月に発表された「MUGENLIFE紀行」に収録されているこの「風に吹かれて」は、命の存在や彷徨を表現した珠玉の1曲となりました。命あるものはすべからく「死ぬ」ということが、不可避であり不意に訪れてしまう出来事であることは周知の事実ですが、逆に「生きる」にも同様のことが言えます。なぜならこうして私たちが存在してるのも不可避であり不意の出来事の延長だからです。作詞曲者の田中亨(Vo,Gt)はこの曲について「(若くして突然亡くなられた方が)天国から与えてくれたメッセージだと思っている。」と語っています。天国からのメッセージと亨氏の感性が共存している歌詞は、誇張しすぎずに無常観を丁寧に歌いきっています。
(セルフレビュー by 田中芳薫(アーチスト本人))
 


   
         
 


 
 このレビューは、公開されている音源や映像を当サイトが独自に視聴し作成しているものです。アーチストの確認を受けているものではありませんので、予めご了承ください。万一アーチスト本人がご覧になり、表現などについて問題があると思われる場合は、当サイトインフォメーション宛てにメールをいただければ、修正及び削除など対応いたします。