Next Plus Song

rob
『said』

LINEで送る
 誰かと”1”すらも通じ合うことへの難しさ。それは景色、感性、感情、行為、何ひとつ取っても気づけばウソみたいに溶けてなくなる。なのに自分も、環境も、何も代わり映えしないように、世界は淡々と通り過ぎて、重なる時間だけが棒立ちでこちらを見下ろしている。その時間軸を繰り返す度に、嫌になる程の寂寥感に苛まれ、儚さに埋れてしまう、そして心が渦を巻く。そんな逃げ場のない僕らの声はどこへも行けない。だけどこの人達が作った音の世界では、すべてが消化されて無くなっていく。
 robというバンドの音楽で、唯一溺れて死んでしまっても良いと思えた。
(セルフレビュー by しゅっしゅ(ファン))
 


  ARTIST INFOMATION →
             
 


 
 このレビューは、公開されている音源や映像を当サイトが独自に視聴し作成しているものです。アーチストの確認を受けているものではありませんので、予めご了承ください。万一アーチスト本人がご覧になり、表現などについて問題があると思われる場合は、当サイトインフォメーション宛てにメールをいただければ、修正及び削除など対応いたします。