musipl.comはまだあまり知られていないアーチストを動画とともに紹介する音楽情報サイトです。「みゅーじぷる」と呼んでください。

 
スピッツ『優しいあの子』
 2019年になり、日本は元号も変わり、気象状況や世界情勢も慌ただしく日々刻々変わりゆく。かつてまでの常識は時代遅れになり、絶対的な正論の束が異端者を探し出す不気味さを帯びた空気は極まりながら、個々としての自らは犠牲者に加害者にならないよう、でも、第三者ではなく、主体としての……
 
秋山黄色
『夕暮れに映して』
 絶望しそうな比較的重いテーマを歌ってるのに、この軽やかなサウンドは一体何なんだろう。こういう内容の曲はどうしても…
 
 
ナミオカコウタロウ
『旅の途中』
 特に計画をしていない旅に出るというのは勇気の要るものだ。やったことのない人には。しかしやったことのある人にとっては…
 

 
記事TOP
『2019年7月musiplレビューアクセスランキング』
1位 西城秀樹『ブルースカイブルー』/
2位 TETORA『ずるい人』/
3位 明くる夜の羊『そこにあって』/
4位 フィルフリーク『生きてる』/ 5位 神田莉緒香『今夜ひとり、見えない月の下で。』/ 6位 Dizzy Sunfist『STRONGER』/ 7位 中川家『地下鉄御堂筋線ブルース』/ 8位 大貫妙子『横顔』/ 9位 PARIS on the City!『お陰様で彼氏ができそうです。』/ 10位 Nakanoまる『笑う女の子』/ 次点 福永倫子『Groovin'』/ …
 
映画『ボヘミアン・ラプソディー』が
もたらす高揚感と、少しの偏差
この日本でも2018年11月公開後、大ヒットを続けているクイーンの『ボヘミアン・ラプソディー』。その効果もあり…
 
レレエモア
『お久しぶりの癒し系ポップ』
musiplレーベル利用による自主レーベルwoolly musicを設立した、レレエモアによる癒し系ポップのアルバム『リストワール』…

 
 
Kaijyu
『痛むな、胸』
 名古屋発"ドラマチックエレクトロシンガー「Kaijyu」 元ユニットRaBBy-K★&DJ taKa解散後 RaBBy-K★のソロ名義…
 
 
JOSUKE
『花化粧』
 マスキュリンなスタイルはそのままに、今までにない鮮烈な華やかさが印象的なシンガーソングライターのJOSUKEによる…