<!-- グーグルアナリスティック用のタグ -->

BUCK-TICK, review, 大島栄二

BUCK-TICK, review, 大島栄二

BUCK-TICKは僕がビクターレコードに入った年の看板アーチスト。ロックバンドブームが巻き起こっていたまさにど真ん中の頃のバンド。それが平成元年なのでもう26年。無論インディーズ時代もあり、来年には結成30年を迎える。映像を見ても判 ...

Half time Old, review, 大島栄二

Half time Old, review, 大島栄二

ギターバンドが乱立する中で何が特徴となって頭ひとつ抜け出していくのかは、ちゃんと考えているバンドなら必ず頭にあるひとつのテーマだ。それが無いバンドは単に轟音を鳴らして誰かのマネをして悦に入っているだけで、結局自分たち自身が見つけられな ...