<!-- グーグルアナリスティック用のタグ -->

review, およそ3, 大島栄二

review, およそ3, 大島栄二

メッセージソングなんてもう古いと思っていた。でも、それは間違っていた。絶えず向上しようという拡大思考が現代の限界に直面すれば、前進を止めて現状に留まるスローライフこそ肯定されて、そこに前向きなメッセージなど要らないのだと思っていた。で ...