<!-- グーグルアナリスティック用のタグ -->

review, 北沢東京

review, 北沢東京

ダンス営業の規制を緩和する改正風俗営業法が6月17日、参院本会議で可決。 クラブのダンス、終夜営業OK。改正風営法成立よかったね!東京オリンピックで世界中から集まる人たちの、遊び場の準備が着々と進んでいる様子も伺えます。

...

review, 本田みちよ

review, 本田みちよ

ミクスチャーシーンの先駆者として知られるSBKのリーダーだったShigeoJDが中心となり、実弟Raymond(Key, DJ)、M.I.T.(MPC, Electro-Dr)の3人からなるThe SAMOS。The SAMOSは私の ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

懐かしの曲コーナーである土曜日に知らない曲が?知らないバンドが?ええ、多分知らない人の方が多いでしょうけれど、聴いていれば「ん?なんか聞いたことあるぞ?」となるでしょう。KAWAMURA BANDは桑田佳祐を好きすぎた河村和範が結成し ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

田舎道を歩きながら歌うシンガーをひたすら前から撮影。淡々と歩くって、淡々と歌うということとよく似ているなあと感じる。田舎道には当然のように何もなくて、畑のような田んぼのような感じの風景は、都会の人には長閑な憧れかもしれないが、ずっと暮 ...

review, 松浦達

review, 松浦達

アーネスト・ヘミングウェイの『移動祝祭日』(”A Moveable Feast”)は自伝的な雑記集で彼の著作の中でもそこまで有名な類いではないが、今でこそ、秀逸な邦訳のみならず、多言語で刊行されていて、目にする機会が増えたとともに、少 ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

何でもありのHot Chipではあるけれど、ここまでソウルフルなテイストを押し出してくることには驚かされた。それでいて、あくまでもダンサブル。彼らの音楽は常に理知的で、適度に抑制の効いたポップネスが曲の隅々にまで行き渡っている。そんな ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

バンド名も曲名もぶっとび感があるのですけど、こういうのが本当の天然なのか狙いなのかは判断の難しいところ。で、これまで多くのアーチストと一緒に仕事をしてきた野生の勘から言わせてもらうなら、この人たちは狙いです。それは良いのか悪いのか。そ ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

動画の映像はネオンがぼやけたような不思議な灯りの明滅が延々と続く。演奏するバンドメンバーの姿がときおり重ねられるが、全体を通じて映し出されるのはそういうぼやけた灯りだ。それは、夜のイメージなのだろう。夜のイメージを歌う曲というのはたく ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

中島みゆきのこの名曲は多くのシンガーがカバーしているが、本家の歌がサビでシャウトする分そこに注目が集まるようで、それとは対比するようにサビをさらりと歌う吉田拓郎のこのバージョンが個人的には好きだ。そのことによってAメロBメロの導入部分 ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

どんとのカッコ良さというのは、同時代に生きた人にしか解らないなにかだ。それは例えばSUPERCARのカッコ良さも同時代でなければ解らないし、Numbergirlのカッコ良さも、佐野元春のカッコ良さも、その時代に生きた人にしか解らないな ...