<!-- グーグルアナリスティック用のタグ -->

review, 大島栄二, 未遂ドロップス

review, 大島栄二, 未遂ドロップス

このボーカルのことを個性的とかいう言葉でくくるのは失礼であろうと思われる。刺がある。でも誰もに攻撃的な自爆装置的な何かではなくて、爪の左右にあるササクレのような、言い換えるなら逆睫毛のような、そんな刺が自分の内に向いている。その結果、 ...