<!-- グーグルアナリスティック用のタグ -->

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

思わず、二度見した。スピーカーに向けて二度見したところでまるで意味はないのだが、その歌声が予想外だったので、リアクションせずにはいられなかった。それもこれもVampire Weekend(以下VW)のベース担当のBaioによるソロ作品 ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

そんなに肩に力を入れなくてもいいじゃないかと問いかけてくる音楽というものがある。そういう音楽の主張はリラックスなので、ゆるやかなトーンで問いかけてくるためにこちらが気がつかないということはよくあって、だから、気がついた時には「あ、なん ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

不思議な響きのする声だ。いや、こんな声は数多あるアイドルボーカルの中にあるだろうという反論も聞こえてきそうだ。でも、それにはあえて否と言いたい。出だしの言葉がガツガツとしていない。セオリーから言えばもっと声を張れよということになるのか ...

review

review

長渕剛はギターが上手い人だ。僕の中ではそう定義されている。30年以上前に九電記念体育館で地元ラジオのイベントで歌っていた姿をはっきり覚えている。ギターが上手い。ギターが上手い人だ。まだ「順子」でブレイクする前の、歌詞に福岡市の光景が散 ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

街を歩いてこういう声が飛び込んできたらどう感じるのだろう。誰だろうと思うだろうか。どこかのBGMだと思うだろうか。それとも多忙ゆえに聴こえていることを感じることもなく足早に過ぎ去ってしまうのだろうか。テレビでもラジオでも、いや今は主に ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

曲の展開がAメロBメロサビサビダッシュ的な古典的展開であるということから逃れようと複雑な展開やリズムに向かうバンドもいれば、歌モノであることから逃れようとインストに向かうバンドもいる。もちろんその意図がそういうものではなく単純にそうい ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

じわじわあげてからのブレイク、というお約束な展開は踏襲しつつも、Galantisには引き出しが多い。メロディアスな曲調にゴージャス感を加え、ただテンションを上げていくだけでなく、情緒的な揺さぶりも忘れない。それをわたしなりに表現させて ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

ナイーブな歌だ。それが軽やかで淡々としたギターにのってさらりと歌われている。表面で体裁を保とうとするナイーブな人の心模様が音にも表れているように感じられる。体裁を保とうとすることで矛盾が生じ、真意が伝わらず、別れに至った者の悲哀が歌わ ...

review

review

Jan and Naomiは、GREAT3のベーシストとしても活躍する jan(ヤン)と、天性の歌声をもつnaomi(ナオミ)によるアシッドフォークデュオ。放埒奔放に生きていると、楽しい分だけ普通の幸せから遠ざかる。普通の幸せの中にい ...

review

review

久しぶりに聴いた。酸っぱい響きの声が特徴的なピアノ弾き語りのポップシンガーgonは2009年に僕のレーベルから6曲をリリースしたものの、積極的な活動をすることもなくやがて消えていく。その活動を積極的ではないと言うのは僕の側の勝手な基準 ...