<!-- グーグルアナリスティック用のタグ -->

review, 大島栄二

review, 大島栄二

最近アルバムをリリースしたタラ・ジェイン・オニール。マルチなタレントで活躍する彼女の、曲はもちろん良いんだけど、このビデオは一体なんなんだろうか? 家族だと思われる2人組が川や海に入っていく。そしてひとりがもうひとりを後ろ倒しにして水 ...

review, 古賀小由実, 大島栄二

review, 古賀小由実, 大島栄二

2年半前にレビューした古賀小由実の動画のライブ映像がYouTubeから消えていて、そこがレビューだけが残る廃墟のようなページになっていまして、うーん、なんか残念だなあと思ったりして。なので、昨年のライブ映像を新たにピックアップ。佐賀を ...

LONGMAN, review, 大島栄二

LONGMAN, review, 大島栄二

メロディックパンクバンドというものが独特の世界を持ったジャンルだということはもちろんのことで、不用意なことを言うといろいろな方面からバッシングが飛んでくる可能性があるので少々怖いのだけれども、敢えていろいろ言おう、頑張って。メロディッ ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

Hot Chipは以前レビューしたが、今回はメンバーのソロを扱いたい。Hot Chipとは雰囲気が違う、ゴージャスでファンキーな曲調(肉感的と言ってもいい)が最高に気持ちいい。これはアルバムも期待できそう。国内盤は5月発売予定だから、 ...

review, バックドロップシンデレラ, 大島栄二

review, バックドロップシンデレラ, 大島栄二

とっても個人的な意見なので無視してもらうのがいいのだが、フェスっていうのは昔の歌謡業界における紅白歌合戦のようなものじゃないかなあとこの10年以上思っている。バンドも目標があった方が活動に張りが出るし、だからフェスを全否定するつもりは ...

review, 松浦達

review, 松浦達

雨情の響きは美しいが、上田秋成『雨月物語』は背筋の奥が痺れた。そういうもので、雨があがったら、かならず虹が架かるとも限らない世において、壊死を始めた季節感のなかで虹彩を間接的に拭くことが出てくる。フォーカスを合わせてみると、まるで街ゆ ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

井上陽水に名曲はたくさんあって、僕はこの曲が一番好きです。これが一番好きっていうファンは少数派だろうなあ。彼の裏の裏の裏のその先まであるような多くの曲に較べて、この単純明快というか、開けっぴろげで突き抜けてて明るい。そういう曲が好きな ...

review, Uru, 北沢東京

review, Uru, 北沢東京

ある通信講座の高校生進路読本の表紙が初代『プリキュア』で、予告無しに届いたなぎさとほのかの元気な姿に歓声があがった。趣旨は「高2のみんながこどものころに放映されていた大人気アニメ」だそう。進路を考える僕に、絶対的ヒーローが「元気?」と ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

寓話のような歌。言っている中身は実のところ結構シビアでシニカルな話なのだけれども、歌い手のソフトな声質と、ほのぼのとしたリズムによってなんとなく笑顔で聴き通すことができる。「星流し」というタイトルもそれだけを見れば白線流しみたいなノス ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

私のイギリスに関する知識はサッカーと音楽のみで構成されている。Maximo Parkの出身がニューキャッスルだと聞いて、アラン・シアラーの特徴的な右手を上げるゴールパフォーマンスを思い出さずにいられない(最近ではキャバイエが好きな選手 ...