<!-- グーグルアナリスティック用のタグ -->

review, 大島栄二

review, 大島栄二

長野県の平均18歳のバンドのMV。長野市内なのだろうか、どこかの町を4人でズンズンと歩いて行く、そのうしろ姿を追っていく映像。けっして振り返ることなく歩いて行く。

  きっと会えるよまたここで
  GoodBye ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

The xxの頭脳、Jamieのソロ作品がたまらない。本体のバンドは順調すぎるほどのステップアップを果たし、日本でも海外と比べてもそれほどの差がないほどの人気を得ている。それはもちろん信頼に値する(そして斬新な)音楽を生み出してきた結 ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

ハードロックだ。彼らのHPにはエモーショナルロックバンドとあるけれど、確かにエモーショナルを掻き立てる力はあるけれど、エモと呼ばれる一連のジャンルとはあきらかに一線を画している。そんなジャンル論なんてどうでもいいじゃんという意見もある ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

この軽ーいテイスト。ポップだなあ。このSori Sawadaという人についてはまったく一切知らなくて、レビューする時にそういうケースは多いのでこの人だけ特別そうだということではないけれど、チャンネル登録が2万人超えの人気者のはずなのに ...

m-flo, review, 大島栄二

m-flo, review, 大島栄二

m-floの新曲。復帰後のLISAも健在でなにより。そこに登場する3人の若手シンガーたち。Sik-K、eill、向井太一。実力あるな。m-floがこういう若手実力派シンガー(ラッパー)とコラボすることで若手の可能性が広がるんかなと思っ ...

review, 大島栄二, 山崎あおい

review, 大島栄二, 山崎あおい

昨日レビューしたmotorpoolの曲で女性ボーカルのコーラスが「あれっ、何か聴こえた?」程度の存在感だと書いて。そんな書き方したら怒られたりしないかなとビクビクしながらサイトを見ていたら、この山崎あおいさんは彼女のソロとして活動をし ...

article, 夜鍋太郎

article, 夜鍋太郎

先日公開された、大島編集長のオールタイムベストソングスの記事に触発されて、今回は私が発表させてもらう運びとなった。

私、夜鍋太郎のレビュアー紹介には「洋楽(主にUKとインディーズ系)をミーハー的に好む」とある。これはレビュ ...

review, 大島栄二, 山崎あおい

review, 大島栄二, 山崎あおい

イントロから爽やか。ただ鍵盤だけのイントロというのはよくあって、そういうのが爽やかなのもよくあるけれど、この曲は最初っから鍵盤だけというのではない。鍵盤だけで爽やかなイントロの曲は他の音が混ざってきた時に「もう、鍵盤だけで進んでくれよ ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

バンドの中心的存在、Willが何故かガスマスク姿に変貌した。少し前から、このようなペルソナを演出しているらしい。急にどうした、という戸惑いはもちろんあるし、素顔を(ほとんど)晒さないアーティスト(Daft PunkやMarshmell ...

review, あのね, 大島栄二

review, あのね, 大島栄二

  みんな一緒に不幸になって欲しいな
  そしたらこんなに悲しくならないのにな

冒頭の歌詞から「えええええ?」ってなる。どんだけ不幸やねん。どんだけ悲しいんやねん。そんな悲しみマックスな歌詞をサラリと平然と歌う。な ...