<!-- グーグルアナリスティック用のタグ -->

review, 大島栄二

review, 大島栄二

ピアノ弾き語りのバラード。夜の海を想像させるMVとともにしっとりと響いてくる。いや、このMVに海を想像させる要素ってあるんだろうか。ときどき波の映像がオーバーラップするものの、全体としてこのMVに海の要素を加えているのは曲そのものだ。 ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

新感覚ファンタジックバンドプロジェクトとして2017年から活動している彼ら。ただのロックバンドとかポップスバンドとかいっても範囲があまりにも広すぎていまいち伝わらないというのはなにも音楽に限った話ではなくて、だからなんだかんだと「肩書 ...

review, ウワノソラ, 大島栄二

review, ウワノソラ, 大島栄二

ポップスというのはどこまで楽曲としての個性を打ち出さなければいけないのだろうかといつも思う。インディーとして作品を発表し始めたポップスアーチストがそこそこ有名になっていくといつのまにかマニアックなサウンドを指向するようになり、発表し始 ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

アホっぽくて好きだ。なんだこのバンド名は。ニョンズってなんなんだろう。疑問は尽きないけれど、結論としていえるのは全体からアホっぽさが滲み出てて、そしてキライじゃない。いや、むしろ好きだ。大好きだ。ロックが本来持っている、というよりもあ ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

とても明るくて心弾まされる。今の若者は明るい未来を見ることが難しく前向きなエネルギーを出すことが難しい時代に生きているといわれることが多い。たしかに経済の状況などを見る限り昭和の高度成長期や平成初期のバブル経済期にあったような雰囲気な ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

The Cribsが8枚目となるアルバムを発売した。そんなに出しているのか、という軽い驚きはあった。彼らの活動を積極的に追っていなかったため、元The SmithsのJohnny Marrが加入したのち脱退した、というニュースを見聞き ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

妙に地味。イントロや間奏のところでギタリストはライトハンド奏法を披露していて、普通だったらそこが見所ですよ的なアピールに走るようなところなのに、そんな風がまったくない。自分が鳴らしたい音がそのやり方でしか鳴らせないからやっているだけだ ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

不思議系の音楽というのはあって、正確には不思議系のアーチストなのだが、そういう伝統的に存在してきた不思議系とはまた違う系譜の不思議な音楽。Wu Mangとはどんな人なのだろう。知りたくても彼ら(彼?)にはオフィシャルHPというのがなく ...

review, ヒグチアイ, 大島栄二

review, ヒグチアイ, 大島栄二

ヒグチアイの『東京にて』。彼女には『東京』という曲もある。名曲『ココロジェリーフィッシュ』を含むインディーズ時代の1stアルバムに収録されている『東京』は、それはそれは重たい曲で、いや、彼女の曲は大抵重いのだけれど、その中でもかなり重 ...

review, 北沢東京

review, 北沢東京

その昔、お茶の水ディスクユニオンに通いデスメタルを漁っていた。デスボイスと重鋼鉄、人の叫びから無機質な響きまで、それは怒涛。全方位に鳴ってると思っていた。それが、細分化の果てミクスチャの先端に、パスコードが登場して分かった。女の子の声 ...