<!-- グーグルアナリスティック用のタグ -->

review, 大島栄二, 本棚のモヨコ

review, 大島栄二, 本棚のモヨコ

2014年にレビューした本棚のモヨコは札幌のバンドで、その後東京に活動拠点を移し、ちょうど1年前の2019年12月に解散した。その間にボーカルのゆちよが抜け、歌声が女性から男性に変わる。それはちょっと誤解を招く表現かもしれない。ゆちよ ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

元々のジャンルで言えば、ニュー・ウェイヴ、あるいはポストパンクなのだろう。昔の私がエレクトロポップバンドを探るうち、たどり着いたのがこのUltravoxだ。オリジナルメンバーが数人脱退し、曲調も変化したあとのベスト盤で彼らを知った。初 ...

Boiler陸亀, review, 大島栄二

Boiler陸亀, review, 大島栄二

Boiler陸亀の『12円』を2013年にレビューして以来7年が経過し、その間まったく一切思い出すことがなくてすみません。ところがこの度なんの因果か再び彼女たちのMVを目にすることになり、「あああああ、Boiler陸亀こんなやつらだっ ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

なんだろうこの軽やかで爽やかな歌は。たいしたことは歌っていないのだ。特別なメッセージなど何も無いのだ。それなのに、聴いているだけで心が軽くなる。追風が吹いてくる、それにただ乗っかれと繰り返す。追風というのがなんなのか、明確な説明は特に ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

ウルフルズは最近どうしているんだろうか。バンドとしての活動はもう1年以上聞かないけれど、トータス松本は現在放送中の朝ドラで主人公の父親として出演している。これがもう本当にダメな父親で、そのダメっぷりの演技が本当に素晴らしい。あまりに素 ...

北沢東京

北沢東京

マスクしながら合唱や運動をしている人らは、ウイルス感染防止ではなく、心の安定の為でしょう。何もしないで寝てるのは感染防止にも環境問題にも有効だけど、認めてもらえない寂しさがある。世の中のルールが変化しつつある今、私にはいい体験もあった ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

静かなサウンドに載せて淡々と語るように進行する歌。HIP HOPか? いや、HIP HOPとはちょっと違うような、やっぱり歌であるような。自分の感情を全面的に打ち出すのではなく、情景描写を重ねることでひとつの感情のようなものを表現して ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

Jellyfishのメンバー3人による新バンドが誕生していた! すでにEPを出しており、来年1月には第2弾をリリースする予定らしい。私はこの一報を最近知った。新しい活動自体はもちろん、精力的な動きにも(遅ればせながら)狂喜した。何しろ ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

イントロが46秒。普通はこんなにイントロが長い曲はレビューしない。イントロにも意味があるというのは解る。長くったってその中に展開があるわけで、削る部分なんてないんだよという意見がバンドマンから出てくるのは理解してるつもり。でもこの曲の ...

review, カネコアヤノ, 大島栄二

review, カネコアヤノ, 大島栄二

この曲攻撃的でめっちゃカッコいい。だが、5年ぶりに見たカネコアヤノはすっかり別人のようだった。別人というのは言い過ぎだな。単に曲調上の違いということだけなのかもしれないから断言するのはどうかという気がするけれど、でもやはり別人のようで ...