<!-- グーグルアナリスティック用のタグ -->

GRASAM ANIMAL『熱海でバカンス』【すっとぼけた感じの10代、怖いもの知らずパワー】

熱海とかバカンスとか、この10代の若者たちは何を時代錯誤な用語を持ち出しているんだと正直思うが、サウンドを聴いたらそのノスタルジックなメロディと相まって、ああこういう言葉も世界観を完成させるためのパズルの1ピースなんだなあと理解できそうな気がする。それとも今の10代には再び近くのリゾートとして人気なのだろうか? それはよくわからないのだけれども、このすっとぼけた雰囲気の歌もバンドも、好き。HPを眺めてみても結構すっとぼけたトーンをかましてて、十代の怖いもの無さ加減ってイイな、でも大丈夫かなとかまったく無関係なのに老婆心とか沁み出てきちゃってしまう。まあそんな大人の理屈なんかに絡めとられてしまうようだったらそれまでだろうし、すっとぼけた感じの怖いもの知らずパワーで、この不思議なポップ感をずっとずっと押し出し続けていってもらえればいいなあと思う。

(2016.2.22) (レビュアー:大島栄二)


ARTIST INFOMATION →


review, 大島栄二

Posted by musipl