<!-- グーグルアナリスティック用のタグ -->

ZELDA『Ashu-Lah』【先駆けの、草分けの、当時の貴重な映像】

2016年の今からこの音楽を、バンドパフォーマンスを見て、初めて見る人はどう感じるのだろうか。1970年代終わりにYMOの成功がムーブメントを起こし、1980年以降日本でもテクノ/ニューウェーブの流れが出来るが、ZELDAはその先駆けといえる。パール兄弟や有頂天などよりもかなり前に登場しているし、全員女性のガールズバンドとしても草分けだった。いや、まあそんな歴史的背景はどうでもいい。今聴いても古さはほとんど感じられない。その後80年代後半のロックバンドブームに登場した女性シンガーたちのCDを今聴き直すとけっこう痛かったりするのだが、その痛さとはまったく無縁の、別次元のオリジナリティで迫ってくる。それだからニューウェイブやロックのムーブメントを当時牽引する力になったのだろう。テレビでは歌謡曲ばかりが流れていた時代に、こういう音楽を求めたリスナーがいて、こういう音楽を表現しようというアーチストがいて、それはとても幸運で希有な出来事だったように思う。その時代感を後追いで理解するのはとても難しいとは思うが、今のバンドがどんなことをやればこの頃のリスナーに与えた衝撃に近い何かを表現したと言えるのか、例えることさえ出来ない。それにしてもよくこんなに鮮明な映像が残ってたな。VHS以下の映像がかろうじて残ればいい方だという時代の、貴重な映像だといえよう。

(2016.6.11) (レビュアー:大島栄二)


ARTIST INFOMATION →


review, 大島栄二

Posted by musipl