<!-- グーグルアナリスティック用のタグ -->

blink-182『Bored To Death』【全裸おバカMVで知られるポップパンク・バンドが、成長して真面目に?】

バカさと切なさ。その融合に私はむちゃくちゃ弱い。Blink-182の真骨頂はそこにあると思う。PVからライブのMCでの下ネタまで、もれなく「おバカ」の冠がつく彼らだが、とにかく一貫して曲がいい。能天気に騒げる曲調かと思えば、切ない展開に進んだりもする。バカやってるなー、と思ってるうちに、ぐっと心をつかまされてしまう。そんな振り幅があるからこそ、ポップパンクの雄として先頭を走ってきたわけだ。8年ぶりの活動再開からもすでに5年が経ち、久々の新譜発売となった。その間、オリジナルメンバーのトムの脱退もあり(これは非常にショックだが)、この度、新体制としてスタート。このPVは新メンバーとなったマット・スキバにおバカ適正があるかの様子見からか、彼らが大人になったからか、かなり真面目な内容になっている。やはり、おバカ要素はトムが担っていたのか! それもまた寂しくはあるが、曲はBlink節たっぷりのポップパンクなのでご安心いただきたい。

(2016.8.3) (レビュアー:夜鍋太郎)


ARTIST INFOMATION →


review, 夜鍋太郎

Posted by musipl