<!-- グーグルアナリスティック用のタグ -->

前川サチコとグッドルッキングガイ『京都タワー』【ランドマーク】

ランドマークというものがどんな場所にもあって、そのランドマークを見て「ああ、帰ってきたな」と思えるかどうかが、その土地が自分の場所なのかどうかの分かれ目なのでしょう。京都タワーは京都の人にとってわかりやすいランドマークで、ここに住み始めて5年にして、ようやく「ああ、帰ってきたな」と思えるようになった。と書くとさも伝わりやすいステレオタイプな文章になるなあと思うが、実際はそうではない。京都タワーはここに住むようになってしばらくはそういう対象だったけれども、今はむしろ京都駅バスターミナルの5番バスに乗る停留所だったりする。でもそんなところを他人に言ってもなかなか伝わらないので、例えばSNSで「帰ってきたよ〜」なんてことを投稿する時にはやっぱり京都タワーだったりする、わかりやすいから。でも、京都タワーみたいなわかりやすいランドマークが駅前にあるというのは結構贅沢な話であって、マイナーな地方都市には誰にでも通じるランドマークなどありやしない。仙台の人が「帰ってきた〜」と言って伊達政宗公の銅像をSNSに投稿するなんて不自然極まりないし、福岡の人が「帰ってきた〜」と言って大濠公園の景色を投稿するのも不自然極まりない。それ、「帰ってきた」じゃなくて「帰って、荷物を家に置いて、また出かけた」でしょう。話はそれまくりですけど、こんな京都タワーなんてタイトルの曲に巡りあったらやっぱり目を留めて耳を傾けてしまう。それはさほど有名でもない町出身の人が、そんな場所のことを誰に言ってもわかってもらえないような故郷のバス停に降り立ったらやっぱり安心してしまうような、そんな心持ちだったのです。

(2016.8.9) (レビュアー:大島栄二)


ARTIST INFOMATION →


review, 大島栄二

Posted by musipl