<!-- グーグルアナリスティック用のタグ -->

T字路s『これさえあれば』【好きになる入口かもしれない、この独特すぎる歌声】

この声のインパクト。歌表現において声はパーツであってすべてではない。だから声のことばかり言われてもきっと嬉しくなんてないだろう。その声はひとつの入口であり表情でありその向う側にある世界観というか表現に含まれるすべての要素が評価されてナンボというのが本当のところで、だからT字路sの歌声だけに耳と心を寄せるのはきっと間違いなのだろう。この声を耳にしてパッと思ったのは忌野清志郎。独特なしゃがれ声は唯一無二と言える彼独自のもので、初めて聴いた時はものすごいインパクトを感じたものだった。一度聴いたら無視できない歌声だが、じゃあその声だけが忌野清志郎の魅力なのかというとファンは即座に首を横に振るだろう。あくまでそれは入口で、清志郎の価値はひとつひとつの曲に現れる個性的な世の中の見方で、僕らは彼の曲を通じて世界を違った風景として見ることができるようになった。だから彼の声がああでなくても一向に構わないともいえるのだが、じゃああの声じゃなくてもいいのかといわれると躊躇する。あの声にしかない魅力というものもあって、清志郎の歌声を聴くことはそれそのものがひとつの体験であり、ファンは声に魅了されているということも決して否定することができない。T字路sボーカルのイトウタエコの声もまた聴けば聴くほど最初のアクの強さから独特の味として耳に粘り着いてくる。僕は好きだ。ここから一歩も二歩も踏み込んで聴いていって、新たなマイフェイバリットアーチストになっていくのかもという予感もある。

(2016.8.12) (レビュアー:大島栄二)


ARTIST INFOMATION →


review, 大島栄二

Posted by musipl