<!-- グーグルアナリスティック用のタグ -->

ベランパレード『ナイトウォーリー』【シンプルでストレートなロックナンバーの本質を、聴け】

このシンプルなロックサウンド。いや、フレーズ? 言い方は何でもいいけど、このシンプルでオーソドックスともいえるド直球なロックが僕は好きです。ナイトウォーリーというのが何なのかも知らないし、この歌の主人公が論理明晰ななにかを伝えようとしているとはまったく思わないのだけれど、こういうギターの、誰でも弾けそうなフレーズがやっぱサイコーだなあと、あらためて思いださせてくれるようなそんな喜びがこの曲にはある。MVの中でボーカルの歌王子あび(なんつー名前だw)がドアップで歌いまくるのだが、これをエモいと呼ぶべきなのかなんなのか、意味も無く水がかけられるのだが、それをエモいと呼ぶべきなのかなんなのか。こうしてあらためて考えると、エモという言葉はずいぶん便利だなとか思ったりするけれども、それはこのレビューとはほとんど関係ないことで、そういうある種の意味不明さが渦巻いているMVが、このシンプルでストレートなロックナンバーの本質を突いていて、訳もわからないけれども、なんか痺れる。そういうのがとってもいいなと思うのです。

(2017.3.31) (レビュアー:大島栄二)


ARTIST INFOMATION →


review, 大島栄二

Posted by musipl