<!-- グーグルアナリスティック用のタグ -->

Fontaines D.C.『A Hero’s Death』【どこか耳なじみのあるパーツを集めて昇華させたこの感じ】

アイルランド出身のポストパンクバンド、Fontaines D.C.がこの夏、2作目をリリースした。私はその傑作に心奪われている! バンド名の「DC」部分は、Dublin Cityの略らしい。ならば、さしずめ、私は夜鍋太郎T.C.となるようだ。いや、張り合う意味もわからないし、どうか東京代表ぶらないでほしい、という皆様の気持ちも痛いほどわかる。猛省しつつ曲の話に移ろう。どこか耳なじみのあるパーツを集めて昇華させたこの感じ、それをあふれんばかりの熱量でかき鳴らす、ロックなテイストがたまらない。バンドサウンドっていいよなあ、としみじみ思う。ダークな曲調もいいし、ボーカルの声も魅力的だ。本来はフジロックの出演が決まっていたのだが、生で見るチャンスは、お預けとなってしまった。この音源からして、ライブもよさそうな雰囲気がするだけに残念だ。楽しみは先にとっておくことにしよう。とりあえず、今はアルバムを堪能し、これから先の彼らの活動を注視していくつもりだ。

(2020.9.30) (レビュアー:夜鍋太郎)


ARTIST INFOMATION →


review, 夜鍋太郎

Posted by musipl