<!-- グーグルアナリスティック用のタグ -->

The Cribs『Never Thought I’d Feel Again』【兄弟ゆえになせる業か、一本気で真面目なバンドなのだ】

The Cribsが8枚目となるアルバムを発売した。そんなに出しているのか、という軽い驚きはあった。彼らの活動を積極的に追っていなかったため、元The SmithsのJohnny Marrが加入したのち脱退した、というニュースを見聞きした記憶はあったのだが、そのあたりで認識が止まっている。何しろThe Cribsと言えば、ジャーマン3兄弟で結成、というトピックが強すぎて、今改めてこの字面を前にしても、何か格闘漫画の敵チームみたいだな、きっとすぐに負けるんだろうな、みたいなことを思ってしまう。ただ、改めてThe Cribsのロックンロールを聴いてみると、実直にいいメロディのバンドサウンドを作り続けている、という印象を受ける。それはデビュー時のイメージから少しも変わっていない。古き良きスタイルを継承した曲作りをずっと続けてきた、一本気で真面目なバンドなのだ、と好感を抱く。絶妙なコーラスによるハーモニーもうつくしい。それこそ兄弟ゆえになせる業か。ジャーマン3兄弟に乾杯!

(2020.11.18) (レビュアー:夜鍋太郎)


ARTIST INFOMATION →


review, 夜鍋太郎

Posted by musipl