<!-- グーグルアナリスティック用のタグ -->

クレナズム『365』【痛みを知り、それを乗り越えた先には光があると思って】

2日前にレビューしたライブハウス支援プロジェクトのMake With Musicを主導していた(と思われる)のがクレナズムというバンド。どこかで見たなこのバンドと思ったら、昨年ファンの方がセルフレビューしてくれていたのだった。ということで、あらためて今年の曲を聴いてみる。うん、難しい。この音楽が彼らのいうシューゲイザーなのかどうかも定かではない。もっとも彼らは「シューゲイザーとJ-POPの邂逅とでも言うべき新しいサウンド」といっているわけなので、典型的なシューゲイザー一辺倒というのでもないのだろう。サウンドの種類だけではなく、曲全体としてMake With Musicとは全然違っていて、Make With Musicが言いたいことも明確でメロとリズムもとてもシンプルに伝わりやすいのとは対照的だ。クレナズムのボーカル萌映さんはTwitterで「この「365」という曲はいままでで1番制作に時間がかかった曲です。その分込めた想いが沢山あります。痛みを知り、それを乗り越えた先には光があると思っています。光へ向かう途中のあなたに聴いて欲しい楽曲です。」と書いている。その言葉を頼りにもう一度聴いてみる。言葉がとても抽象的で、何かの別れに際した物語なのかなという程度のことはわかるが、そこから先の具体的な像を結ばせないほどに抽象さが勝っている。歌詞を具体的にすることでわかりやすくはなるけれど、ごく一部の人にしか当てはまらない内容になり、どこか他人事の歌になりやすい。逆に抽象的にすると、そこに投げられた言葉をリスナーの個人的体験に重ねやすくなるけれど、かなりの読解力と想像力をリスナーに強いるし、それに耐えられないリスナーは解釈しようという試みさえ放棄してしまう。つまり、聴かなくなるということだ。

彼らがMake With Musicでみせた明快さ、解りやすさを思えば、そういう方向の表現ができない人たちではないということはすぐにわかる。つまり、彼らは自分たちのバンドクレナズムでは、あえて解りやすさを封印し、リスナーに解釈を要求する抽象表現を選択しているのだと思う。具体性と抽象性のバランスというのは難しく、どの割合を選択したとしても常に悩みは尽きない。「痛みを知り、それを乗り越えた先には」というのは、青春時代に特有な、恋愛や将来といった王道の悩みだけでなく、表現者としての方向性はどうあるべきかという、かなり特殊で切実な問題も含まれるのかもしれない。この曲の次に公開したMVがこれまでの傾向とかなり違っているといろいろな人がコメントをしていて、その変化を門外漢のリスナーはバンドの解りやすい変心ととらえるのかもしれないが、実際には日々、一瞬一瞬にどうあるべきかを悩んでいるのが表現者というものであり、その中で出したひとつの答がそれぞれの曲なのだ。現状のままで良いはずがないと思って何らかの変化をし、そこでまた別のことを考え修正していく。そういった痛みを超えた先に、本当に光があるという保証なんて無いから、「光がある」と信じるしかないし、信じて前に進む。そういう表現者の進化の過程を眺めつつ、自分もメンバーのように悩んでみるというのも、音楽鑑賞の一つのやり方だと思う。

(2020.12.3) (レビュアー:大島栄二)


ARTIST INFOMATION →


review, クレナズム, 大島栄二

Posted by musipl