<!-- グーグルアナリスティック用のタグ -->

Rob Mazurek – Exploding Star Orchestra『Galaxy 1000』【冬の季節に固まりがちな心と身体を一気に解放してくれる】

シカゴ在住のジャズプレイヤー(コルネット奏者)、Rob Mazurekが率いるユニット、Exploding Star Orchestra。この呼び名、最高にかっこいいと思うのだがどうだろうか。音楽的ユニットにまるで縁のない私でも、何かしらのグループ名につけたいくらいだ(一体、どんな活動をするのか、と問われてもまともに答えられないのだが)。ともかく、彼らのアルバムが発表された。底なしの沼のような深さのあるジャズについて、くわしいことはよくわからない。だが、こうした意欲的なまでにボーダーレスで新しく、ダイナミックな展開をみせる曲に感動してしまう。私のようなただのロック好きでも素直に心躍る仕上がりで、興奮が止まらない。バンド名を裏切らない、スぺイシーな味わいも感じられる。音の重なり具合もすばらしい。何より、やわらかな音色のコルネットがうねるような様子もまた最高に気持ちいい。このご時世、そして冬の季節に固まりがちな心と身体を一気に解放してくれるかのようだ。

(2021.2.3) (レビュアー:夜鍋太郎)


ARTIST INFOMATION →


review, 夜鍋太郎

Posted by musipl