<!-- グーグルアナリスティック用のタグ -->

NeneNone『bamboo-2』【エネルギーとか、粋とか、そういうのの素晴らしさ】

前と後ろにカメラをセッティングして撮影し、その2つの映像を左右に並べてるMV。いやあ、よく考えたなあ。普通の人平均レベルから較べたら圧倒的にたくさんMVを見てるはずの僕も、このやり方は見たことがない。OK Goみたいに凝って凝って凝りまくってMV作ればそりゃあ面白いのできるだろうし、誰もマネできないんだけど、これは誰だってできる。カメラが2台あれば誰だってできる。いやもちろん実際にやれば結構大変で、撮影場所(スタジオ?)の前と後ろを両方撮影に耐えるレベルにセッティングするのだって結構骨折れるし、撮影スタッフは左右のごく限られたスペースで小さくなってなければいけないし、そもそも歌って踊る人は360度写されているので気が抜けない。大変なポイントはいくつもあるんだけど、それでも、OK Goのビデオを作るのとはまったく違って、カメラ2台あれば誰だってできる。しかし(僕の知る限りでは)誰もやってなかったし、それをやっててすごい。いやそりゃあツッコミどころはいろいろとあるでしょう。声がひっくり返ってる部分はあるし、いやそこまったく同じフレーズのところちゃんと歌えてるんだから歌えるでしょう、なんならそこの部分だけボーカルトラックを差替えれば良いだけなんとちゃう、とか思うけど、そういう減点法でこの曲とMVを評価することの虚しさというかアホらしさというか。この3分ちょっとの動画に込められたエネルギーとか、粋とか、そういうのの素晴らしさはもうホントすごいと思います。点数をつけるなら380点くらいの素晴らしさじゃないだろうか。

曲のタイトルが『bamboo-2』となってて、じゃあ『bamboo-1』もあるんだろうか、NeneNoneはかつてそのうちやる音というアーチストだったらしく、その時代に『bamboo-1』という曲をやってたんだろうか、バンブーって竹だし、竹となんか関係あるんだろうかなどと考えてたけど、違いますね。曲中に出てくる「わたし万物の霊長だもん」という歌詞の「万物=ばんぶーつー」ですね。まいりました。

(2021.2.25) (レビュアー:大島栄二)


ARTIST INFOMATION →


review, 大島栄二

Posted by musipl