musipl.comではまだあまり知られていないアーチストをYouTubeの映像を通じて紹介していきます。

 
陸上自衛隊中部方面音楽隊
『紅蓮の弓矢』
 警察音楽隊の演奏する「刑事ドラマテーマ曲集」を聴いてうっとりしていたらレコメンドに出てきたのは、自衛隊音楽隊の…
 

 
ippuku
『ヨルノセイ』
 こういうのを疾走感ある曲だというんじゃないかなあと思いながら聴いている。曲のテンポを上げてBPM競争みたいなのを…
 

 
!!! (Chk Chk Chk)
『The One 2』
 以前どこかのインタビューで、三回繰り返すならどんな呼び方でもいい(別にチックチックチックじゃなくてもいい)、と彼ら…
 

 
赤い公園
『恋と嘘』
 赤い公園だと、どんなラブソングも胸打つものになるのを暗黙知に決してするのではなく、彼女たちが「知」をランドリーに…
 

 
ARKS
『忘れもの』
 ARKSを最初にレビューしたのはmusiplが始まってからすぐの2013年の夏。まだレビュー公開日の表記もなかった頃の話で…
 

 
Kasabian
『You're In Love With a Psycho』
 今季のリーグもほぼ終了という時期に、昨シーズンの話でなんだが、レスターのプレミア優勝は驚愕だった。地元は大変な騒ぎで…
 

 
Ana Claudia Lomelino
『Conchinha』
 アナ・クラウヂアの声は包み込まれるように、いつもどこか切なくなる。昔から私的にMPB、ボサノーヴァ系の…
 

 
千葉県警察音楽隊
『刑事ドラマ テーマ集』
 海上自衛隊東京音楽隊の『宇宙戦艦ヤマト』はグッと来るものがあるよ、と聞いてなるほどなと味わっていると、警察音楽隊の…
 

 
Geotic
『Smiling』
 Bathsとして活動している彼が別名義でアルバムをリリース。Baths大好きな私なので、こちらの曲も嬉々として紹介したい…
 

 
The Wisely Brothers
『サウザンド・ビネガー』
 オーガニックでデトックスな音楽はあると思う。聴いていると、心身に馴染み元気になるような。この曲も、私的にだが…
 


 
夕食ホット
『刺す猿』
 実に不思議なテイストを醸し出している。刺す猿って一体なんだろうとついつい考えてしまう。歌詞の中にそのヒントが…
 

 
Gotch
『Taxi Driver』
 鋭利なチップ・ビートと、日本語詩の機微がシビアに軽やかに踊っていて、これくらいのテンポと軋みがいい。レコードで…
 

 
airlie
『ura/omote』
 airlieというまだ無名のシンガーの歌に、僕は2重にも3重にもハッとする。若い人の焦燥と、老いた人の焦燥は、似て…
 

 
vivid undress
『ウララ』
 1つのバンドにいろいろな曲調があるのは当たり前のことで、だからこの1曲を聴いただけでバンドのカラーが変わったなどと…
 

 
THE GOGGLES
『TWITT AND CHATT』
 ビー○ルズのパロディソングだけを作るという噂のバンドの新作MV、なんだこの完成度の高さは。原曲との適度な距離感が…
 

 
ecosystem
『カタルシス』
 自分だよ自分、これが自分ですよと精一杯主張しているように見えてて、とても興味深いです。2014年の年末に解散して以降…
 

 
パノラマメロウ
『二本足の唄』
 ナチュラルで自然な感じのダークネス。こういうのが一番怖いと思う。いかにも凶暴な風体の人が金属バットを持ち歩いてたら…
 

 
w-inds.
『We Don't Need To Talk Anymore』
 w-inds.のことなんてずいぶん見てなかったなあと思ってたけど、みんな大人になっちゃってて。流行ってた頃に較べると…
 

 
みどりかわさん
『ケーキ屋さん』
 アニメの少女がただただ歩いているというシンプルな映像ですけれども、ずっと見ちゃいます。引き込まれます…
 

 
Egw Eimi
『真夜中のワンダーランド』
 musiplのTwitterアカウントをフォローしてくれた人がバンドマンらしく、MVのリンクをプロフィールに貼ってたので…