musipl.comではまだあまり知られていないアーチストをYouTubeの映像を通じて紹介していきます。

 
桑田佳祐
『君への手紙』
 自分で気付ければ、傘をさせばいい。知人がそういう旅をしているのを目にすれば、傘を差し出してあげればいい。だが…
 

 
小栗久美子
『風』
 トルンという名のベトナム竹琴。楽器の佇まいがすでに風景。マリンバを縦に吊るすというか、ハロン湾に浮かぶ帆船?!…
 

 
The Horrors
『Something To Remember Me By』
 彼らのイメージは定まらない。デビュー時はゴシック感ごりごりの衣装に身に包み、ダークテイストな曲によって注目を…
 

 
ミズニ ウキクサ
『凍る海』
 ベースとドラムの2人という組合せが自由だなあと感じさせる。ギターの音は鳴っているのだしMVの中にもギタリストが…
 

 
オモイメグラス
『earphonic』
 なんという完成度だろうか。いや、完成度という言葉は適切じゃないのかもしれない。何をもって完成というのかはよく…
 

 
Death From Above
『Freeze Me』
 Death From Above1979が数字部分を除いた名義になった。活動スタート時のものに戻した、ということらしい…
 

 
日食なつこ
『レーテンシー』
 男全体に三行半を突きつけたような日食なつこが、このMVではどこかの広場でピアノを弾き語る。どこだろう、良い場所を…
 

 
コシモトユイカ
『暴力とガラスと』
 キュートなルックスの女性ボーカルがアコースティックなサウンドで歌い始めたあたりで、もう騙されてる。歌が進むにつれて…
 

 
Sparks『Edith Piaf (Said It Better Than Me)』
 ああ、Sparksだな。このイントロと歌い出しを耳にして、金木犀の匂いを感じて、ああ、秋だな、と思うくらい、ごくごく…
 

 
ORANGE POST REASON
『バックパッカー』
 こういうドラム好き。イントロから全楽器がジャーンと鳴っているんだけれども、僕の脳にはドラムソロによるイントロという…
 


 
吉澤嘉代子
『残ってる』
 この新しい「残ってる」という曲は、人間の内面にある、普通なのに普通じゃないことを突いてくるという彼女のいい部分が…
 

 
印象派
『球状』
 シンプルなポップミュージックを軽やかに展開して、逆にこの曲から知った人は他の曲を聴いたらどう思うんだろうかと…
 

 
空中メトロ
『Take off!』
 空中メトロ、キュートだなあ。この曲とほぼ同時期に公開された『undying love』では衣装を着てスタッフに囲まれて…
 

 
土岐麻子
『STRIPE』
 彼女くらいベテランになってもなお進化し続けるってすごいなあと改めて感じましたです。今からでも良いので『PINK』の…
 

 
SUKISHA
『4分半のマジック』
 ファンクだ。でもどファンクではなくて、ポップなファンク。30年くらい前に久保田利伸が出てきた時となんか似てる…
 

 
CuBerry
『光の街』
 なんだろうこの軽やかさ。この数十年で音楽には様々なジャンルというものが生まれて細分化されてて、その中で自分たちは…
 

 
高橋優
『素晴らしき日常』
 2010年代の抵抗はそうではなく。力でする抵抗ではなくて心でする抵抗として、現状を正しく認識しよう、縛っている社会的…
 

 
mock heroic
『恋をする』
 もうホントにストレート。行間を読めよというような含みを持たせまくった歌詞の曲も多いしそういうのも好きなんだけれど…
 

 
RETO
『あのね』
 必殺のライム、グッとハートを掴む歌詞をパンチラインといったりするけど、本当にこの文字数で描けてる!っていう一文…
 

 
太田裕美
『君と歩いた青春』
 朝ドラ「ひよっこ」で流れてきた挿入歌。なんともシンプルでなんともコミカルなその歌は「好き好きすー好きっすー」と…