musipl.comではまだあまり知られていないアーチストをYouTubeの映像を通じて紹介していきます。

 
石原可奈子
『3/4の月』
 パーフェクトヒューマンからのオリエンタルラジオは、漫才でもコントでもなくて、あれは音ネタと呼ぶのも違う。あれは音楽だ…
 

 
Mogwai
『Coolverine』
 Mogwaiは頻繁に来日している印象があるが、深夜、眠くてたまらないころに、轟音爆音で延々インストをやられるとこれが…
 

 
ユミルの庭
『潮騒』
 もうね、MV見てて「ボーカルの人、前見えるんだろうか、大丈夫だろうか、この岩場で足元も見えずにすっ転んでいないん…
 

 
CRCK/LCKS
『Goodbye Girl』
 いろんな曲を聴いていると、不思議なリズムに出会ったりする。不思議といったって本当の意味で不思議なんじゃなくて単に…
 

 
Arcade Fire
『Everything Now』
 彼らのエモーショナルで革新的、同時に奥行きある世界は存分に感じられ、その変わらない心意気がうれしい。名曲ぞろいで…
 

 
ニブンノセクステット
『umi』
 潮風の爽やかそうな海の風景から始まるMV。だが歌われるのは破滅と沈降の想い。爽やかとは真逆の内容に似合う、眼を…
 

 
GANG PARADE
『Beyond the Mountain』
 シンセサイザーで音の豊かさを測れる音色、ストリングスとブラス(は、シンセ成熟期から別の道を歩みだした…
 

 
Washed Out
『Get Lost』
 うひょひょー、この浮遊感、たまらない。のっけから奇声を発生した件を、どうかなかったことにしてもらいたいところでは…
 

 
The Taupe
『テンプシーコーラ』
 なんでこんなに揺れたビデオを作るんだろう、見てて目がクラクラするぞ、でもこのクラクラ感が一種のトリップに…
 

 
アキオカマサコ 『Less is more 〜より少ないこと より豊かなこと〜』
 力を入れず、かといって力を抜かず、適度な等身大の歌声が心地良い。MVでは笑顔なのか諦めなのか、内心を読み切れない…
 


 
SHISHAMO
『BYE BYE』
 イントロの、ギターがカッコいい。特別なフレーズでもないカッティングなのだが、カッコいい。キレがある。もっと聴いて…
 

 
ソライロブランケット
『日和』
 シンプルなサウンドにシンプルな感情を載せた、最近珍しいくらいに素朴な曲。これがけっこう沁みる。仙台を拠点に活動中…
 

 
yulayulaz
『幾何学模様』
 この映像内で見せる楽器が密接に寄り合わずにも、ただ、鋭利に朗らかにホメオスタシスを紙縒りの上に置いているのは…
 

 
桑田佳祐
『若い広場』
 この『若い広場』に含まれている要素には贅沢なハーモニー、ストリングス、昭和歌謡の浪漫の模写が高精度なポップ…
 

 
ATLANTIS AIRPORT
『NEO TOKYO』
 この曲が持っているポップさと全力のポジティブ感がとても心を勇気づけてくれる。具体的に何に安心していいよというような…
 

 
sooogood!
『diamond』
 歌そのものは誰しもに届き、聴き易いようで、クラシックたる「Luv(sic)」のようなヴァイヴを持った上での柔和なR&Bで…
 

 
ケツメイシ
『友よ ~ この先もずっと・・・』
 最近息子が歌を口ずさんだりする。「何十年先も君を友だちって思ってる〜」と。なんだこの大人びた歌は。ケツメイシだ。…
 

 
showmore
『rinse in shampoo』
 ああ、夏の曲だなあと思います。歌われている「みんなが生きてるこの街はきっと全部ウソで、私が生きてるこの街もきっと…
 

 
環ROY
『はらり』
 旬に旬のものを手に、ときにめでられるだけでありがたいと思える日々が続くということそのものが貴重でかけがえなく…
 

 
KICK THE CAN CREW
『千%』
 KICK THE CAN CREWも再始動するみたく、私的に、彼らのリアルタイムな印象では毀誉褒貶を受けながらも…