<!-- グーグルアナリスティック用のタグ -->

review, くるり, 大島栄二

review, くるり, 大島栄二

くるり、そのもののアクションが目立った年ではなく、個々の活動も含め、音楽雑誌でも岸田繁氏が「地味な一年だった。」と称するように、しかし、個人事務所を立ち上げて以降のくるりの在り方はまるで、昨今のシンギュラリティを地で行くようで頼もしさ ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

なんやかんや言って今年のベストソングだったんじゃないだろうか。2015年、私のライブ納めはMajor Lazerだった。会場の異様なテンションとノリにひきつつも、気分を奮い立たせるため、ビールを続けて飲んでみたのだが、派手さもあるけど ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

聴こえてくる音楽とは別にストーリー性のある動画が流れていくと、楽曲の善し悪しとは別のところで感情移入をしてしまうことがある。ドラマの劇中歌が楽曲の力以上に心に忍び込んでくるのはそういう効果。とはいってもなかなかドラマのタイアップなんて ...

review, 松浦達

review, 松浦達

昨今、CMやカラオケで彼女の曲が再びよく脚光を浴びるようになった。そして、先ごろ、筆者は初めて実際にライヴに足を運んだが、いわゆる、一般的な曲は「麦の唄」くらいで、あとは過去や最新アルバムの中のコアな曲の構成だったが、パワフルで現在進 ...

review, suzumoku, 大島栄二

review, suzumoku, 大島栄二

PE’Zがつい先日解散、ファイナルライブを行った。PE’Zといって僕が思い出すのはこのバンドpe’zmokuだ。pe’zmokuとはPE’Zと事務所が同じシンガーソングライタ ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

子供の頃はサンタがプレゼントを持ってくると本当に信じてて、ある頃からそんなのは作り話だと思うようになり、知らないうちに街はイルミネーションで飾られるようになって、その光はオレンジから青ヘと変わってしまって、クリスマスって一体なんだろう ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

バンドをやってれば、ガラガラの客席よりは満員の客の前で演奏をしたいだろうし、音源が売れないよりは売れた方が良いに違いない。それは経済的な利潤という問題ももちろんあるけれど、それよりは、その演奏に足を運ぶ価値があるぞという、音源に金を払 ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

イブイブ、ということでクリスマスソングを。The Killers節全開の壮大できらびやかな曲調をベースにしつつも、クリスマスらしさも感じさせる。日本のファンにとって、彼らはキャンセル常習犯(ライブ当日のドタキャン、翌々日に会場を変えて ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

なんだろうこのエネルギーは。比較的武骨なルックスのシンガーがピアノを弾いて人間讃歌をうたう。聴いててグッとくる。ハスキーな声は酒焼けなのではないだろうかと勝手な想像をするのは、彼ならきっと豪快に飲みそうだなあというこれまた勝手な先入観 ...

review, 松浦達

review, 松浦達

どんな音楽配信媒体でもいいが、あまりの情報量、熱量に彷徨してしまう場合がある。圧倒的な作者たちのリアリティがそこに含まれていたりするからで、それらがインフレ的に受容者たる自身の五感に覆い被さるとき、ジョン・ケージの「音の内部(insi ...