<!-- グーグルアナリスティック用のタグ -->

review, 大島栄二, 鈴木実貴子ズ

review, 大島栄二, 鈴木実貴子ズ

最近流行りのあるあるソングかと思った、最初は。バンドマンがこんなことをよくやるよねと、ほら、ちょっと前にYouTubeでもめちゃ再生されたミュージックビデオあるあるみたいな感じの。あれが注目されたおかげでそういうバンドマンあるあるソン ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

これはうれしい復活だ。musiplカムバック大賞があるとしたら、彼に差し上げたい。いらないと言われても、是非ともお送りしたい。5年ぶりの新曲というだけならば、寡作なアーティストには普通のことだが、彼に関しては、ただただ復帰がうれしい。 ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

東京の暮らしに絶望的な心持ちを投影するというのが昨今の東京ソングには多くて。それは結局昨今の東京に暮らす若者を中心とした住人の心持ちをそのまま映しているということなのだろう。この曲でも「こんな街に何があるんだよ」「夢も希望も無い方が楽 ...

Dear Chambers, review, 大島栄二

Dear Chambers, review, 大島栄二

東京をテーマにした曲はたくさんあって、それはすべて東京という特殊な街と作者の関係性を赤裸々に表現したものだ。地方都市をテーマにした曲にはノスタルジーばかりが漂うのに、東京の曲には単純なノスタルジーではなく、生命そのものの格闘が描かれて ...

review, 星野源, 松浦達

review, 星野源, 松浦達

年明けの或る病院で「インフルエンザなんてなくなってしまえばいいのに。」と小さい子供が母親に言っていた。ほんの少しだけ文脈が欲しくなる瀬に。ほんの少しばかり、を自在に行き交う星野源の巨大さと器用さは心配になるほどで、ユーモアと、現代に於 ...

review, フィッシュライフ, 大島栄二

review, フィッシュライフ, 大島栄二

もしも○○になったらどうしよう。人はそんなことばかりを考えて不安を抱えたりくよくよしたり。いやいやいつかどこかで何か予想外のことは起こるんだから、起こった時のためにいろいろと考えて備えていた方がいいよと用心深い人は言うが、予想外のこと ...

review, 北沢東京

review, 北沢東京

SF映画の未来都市で真っ白な居住空間を見ても、宇宙空間に浮かぶメカニカルな巨大戦艦を見ても、この中で人間が過ごすとしたら、食べるものと寝るところと、トイレが必要なんだと、ぼんやり思う。人間の進化や、テクノロジーの進化は、食べて寝て、ト ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

受験用英語しか学んでいない(お行儀のよい)わたしは、このアーティスト名が「(金を)だまし取る」という意味だと、すっかり失念していた。普段、だまし取る、なんて日本語でも使わないお行儀のよさ故、仕方あるまい。ただ、このような名前を掲げて、 ...

review, 松浦達

review, 松浦達

ヴァンパイア・ウィークエンドはデビュー当時から知的でエリートなところを持ちながら、どこか実験者たる風情もあったが、その印象とは別にあっという間に00年代後半10年代前半のUSインディーシーンを代表するバンドになってしまった。ブルックリ ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

僕らの日々の活動はすべて幸せな気持ちを探すためにある。本当に幸せかどうかなんてどうでもよくて、幸せな気持ちになれるいろいろなものを探す。幸せな気持ちというのは儚いもので、見つけたと思ったら賞味期限みたいなものがあって、どんなに大切にし ...