<!-- グーグルアナリスティック用のタグ -->

review, 宇多田ヒカル, 松浦達

review, 宇多田ヒカル, 松浦達

大きな空港や駅でこの曲が突然、大きく流れて思わず動作を止めてしまったことがある。宇多田ヒカルという存在があまりに大きくなりすぎて、もはや立ち止まりすらしない人たちばかりの中、また、この「あなた」は何なのだろうと思うほどの深度がありなが ...

review, 北沢東京

review, 北沢東京

人間が黄金を特別視するのは、古代より金の輝きに太陽の巨大な力を見るかららしい。では、青緑のエメラルドの持つ神秘性は、どんな古代記憶とリンクするのか。日本の信号機の製造を依頼された設計士が、青と指示されたのにもかかわらずスピリチュアル的 ...

review, あいくれ, 大島栄二

review, あいくれ, 大島栄二

この警察コント、いや、寸劇、いや、コスプレ、呼び方は何でもいいけどこれ必要だったんだろうか。パトカーや救急車出てくるけどこれ借りたり作ったりするの大変だろうし、その労力をした分だけの効果ってあったんだろうか。でもこうして映像になってい ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

個人的に本年最後のレビュー。ということで、私の2017年度ベストソングを扱わせていただきたい。Calvin Harrisの「Feels」やDua Lipaの「New Rules」、以前レビューしたThe xxの「On Hold」あたり ...

review, 大島栄二, 小沢健二

review, 大島栄二, 小沢健二

小沢健二がカリスマだというのはある世代にとっては常識なのだが、それをフリッパーズギターの小沢としてなのかソロのオザケンとしてなのかは人によってわかれるところだろう。ただ、いずれにしても活動しなさ過ぎだろうという気は正直する。いやいやラ ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

この人はヘウレーカのボーカルだった人。musiplを始めた頃にレビューして、ホントに大好きだったMV『falling』なのだが、その後ヘウレーカも解散。当時のレビューにあるHPへのリンクももう活きてません。でも、ヘウレーカのボーカル大 ...

Mr.Children, review, 松浦達

Mr.Children, review, 松浦達

宗教的・政治的・国際学な意味を抜きに、フラットに今年のクリスマス・フェアは低温にも盛り上がっている気がする。

ましてや、クリスマス・ソングはというと、バックナンバーなどの新しいものは個別にスタンダードに、普遍的なものはどこ ...

blue but white, review, 大島栄二

blue but white, review, 大島栄二

なんか気になる。なんか気になるのですよこれ。9月にも彼らの曲をレビューして、その時点で具体的なアーチストの情報はよくわからず。でも曲が良いし声が良いし、ついついとりあげてしまう。で、今回また偶然にこの曲にぶつかって、9月の時の彼らだと ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

私が勝手に恒例にしているだけなのだが、サッカーゲームFIFA最新作のサウンドトラックの中から、これは! と思う一曲を挙げる時期がやってきたよ。やってきたよ、と言われたところで、皆さん、きょとん、とされるはず。だが、FIFAシリーズはそ ...