<!-- グーグルアナリスティック用のタグ -->

review, 北沢東京

review, 北沢東京

ファンでもないのに、松田聖子、中森明菜の歌の伴奏を口三味線で再現できる。そういう口でテクノを再現できる単語を探しています。意味なく直感的にぼーっと口三味線。デトロイト、ベルリンよりも、高津区のほうがミニマルテクノでしょう。8回繰り返し ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

変拍子の曲には毎回ひっかかる。変拍子の側からすると別にオレらが変なんじゃないしと言うかもしれないが、「通常」の3拍子や4拍子に慣れきっている耳からすればやっぱりそれと違ったのを変拍子と言っちゃうし、そういうリズムの曲が流れてくれば「ん ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

デビューアルバムから5年が経ち、待ち焦がれた2ndがついに出た。曲調的に相応しい形容ではないかもしれないが、彼女のアルバムはリスナーの心を暴力的なまでに激しく揺さぶる。前作から大きく路線変更したわけではないのに、完全に圧倒されてしまっ ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

聴いていて、東京という場所の特殊性がにじみ出てジワジワと心の中に広がってくるのを感じる。華やかで切ない、東京の記憶。彼らは東京に東京に落ちていくと歌っている。以前にも何かのレビューで書いたような気がするが、東京にはいくつもの小さな空間 ...

大島栄二

大島栄二

不思議なパワーを持っている曲だ。タイトルのmagic musicというフレーズを延々繰り返しながら始まる。音楽の仕組みを言葉で説明するような歌詞が展開していき、ある意味音楽理論の基本講座的な構成だが、聴いている人はそういう理論というか ...

review

review

1位:木村充揮『天王寺』
天王寺に行くと梅田や心斎橋とはまったく違った雰囲気に包まれる。同じ大阪でこんなにも違うのかと驚かされる。別に治安が特別に悪いということでもないが……

2位:桜庭龍二『旅人』