<!-- グーグルアナリスティック用のタグ -->

review, バックドロップシンデレラ, 大島栄二

review, バックドロップシンデレラ, 大島栄二

バンドが売れるというのは永遠のテーマで、そのために日々悩む。戦略と実践。現代ではYouTubeでの再生回数というのが必須条件なんだなということをあらためて再認識させてくれるMVだ。良い歌を作って良い演奏をしていれば必ず売れるというアマ ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

何よりもまず、Elliot Smithを思い起こさずにはいられない(それだけでもう泣きそう)。アコースティックのやわらかな音と抒情的なメロディ、儚げな歌声。それらが重ねられ、一つの形となったのがこの曲だ。疾走感あふれるテンポで移ろい行 ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

コケティッシュな声の女性ボーカル。だがその前にこのギターの音の心地良さは一体何なんだ。そりゃあ好きな音の好みって人それぞれだから同意してくれない人が結構いるだろうってことは承知だけれど、このギター、かなり好き。坂口喜咲さんの向こうでピ ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

この歌声が沈んでるミックスが好き。曲調もポップで、シューゲイザーとはいいつつも明るいポップミュージックバンドといわれてもおかしくないし、そうなろうと思えばいつだって明るいポップバンドとして活躍することもできそうなのに、そうしない。サウ ...

review, クアイフ, 大島栄二

review, クアイフ, 大島栄二

自死した友人への想いを綴った歌。ソニーからデビューして以降MVをショートバージョンで公開することが多くなったクアイフの、これはフルサイズでのMVだから、そうすることに彼らなりの強い意図があるのだろう。問うても答えが帰ってこない問いかけ ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

なんだろう、花火というのは何かを思い出す最強アイテムなのだろうか。火曜日にレビューしたフジファの『若者のすべて』もそうだった。花火での出来事にまつわる、淡い想い出。暗闇で明滅する光。たしかにそれは記憶に焼き付くに十分な光景なのかもしれ ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

死にたいとか、会社辞めたいとか、言える人はまだましだと思っていた。口に出して言うことでその瞬間にプレッシャーは少し放出されるから。まだ会社勤めをしていた頃、幾人かの「辞めたい辞めたい」くんを知っていた。だがそういう人に限って辞めること ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

この秋、大作ラッシュがすごい。FIFA新作は毎年のこととして、ペルソナ5 ザ・ロイヤル、そして小島秀夫のDeath Strandingは世界中から熱視線を集めている。ってこれは完全にゲームの話だ! だが、これだけ期待の新作が続くのも珍 ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

亡くなったボーカリストの歌をその後聴くというのは不思議な体験だ。彼が生きていた頃の空気や温度をそのまま思い出す。そこには彼はもういなくて、いってみれば墓標のようなものでしかないのだけれど、その墓標が有るのと無いのとでは何かがまったく違 ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

友達はいらない/ここで独りでいい。そんな歌詞で終わるこの歌。沁みる。友達はいらないのか。いらないのか、友達が。

–友達はいらないよ 独りでいい 独りでいいけど
–でもたまに側にいて 笑ってい ...