<!-- グーグルアナリスティック用のタグ -->

review, 大島栄二

review, 大島栄二

元BOØWYというとどうしても氷室と布袋が頭に浮かぶんだけれども、BOØWYはもちろんその2人だけではありません。ドラマーの高橋まことが組んだバンドがこのJET SET BOYS。いやいやBOØWYのドラマーのことなんて誰が注目してる ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

toddleを率いる(?)田渕ひさ子は元NUMBER GIRLのギタリストで、だからいつまでも何をやっても「元NUMBER GIRL」の説明がついて回るのはもう仕方が無い。それは氷室京介や布袋寅泰がどんな活動をしたとしても「元BOØW ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

活動無期限停止をしているthe telephonesのメンバーが中心になって結成したという新バンド。当然the telephonesのファンは同じような音楽が続いていくものだと期待するのだろうけれど、あれ、the telephones ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

今回、語尾がロック調になるかもしれないが、その点、先にお断りしておきたい。まずは、この曲、聴いてみるんだぜ。すごい懐かしい感じがするんだぜ。彼らのことはよくしらないけれど、ガレージ色満点なんだぜ。このイントロのリフの破壊力。たたみかけ ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

海に浮かぶようなシチュエーションでビデオが始まる。こういうのを見ると「機材錆びないかな大丈夫かな」とついつい思ってしまう。製作する人たちもとうぜん思っただろう。ドラムとかすべてのスタンドはもちろんキックも全滅だろうなあ、だって水に沈ん ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

言葉で表現しようとするとなかなか難しいことってある。こういう音楽も言葉でああだこうだと言いにくい。アーチストの素性もよくわからないし明確な主張があるようでもない。だけど、余計なことを考えずにただ曲を聴いてみると、良い。エレクトロニカと ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

ゴーイングの記憶というと僕のレーベルに所属していたバンドが宇都宮のタワレコでインストアイベント(正確には屋上でのイベント)やった時に彼らも出てて、ああ、あれがゴーイングかと思ったのが最初。その後も昔勤めてたビクターからのリリースCDを ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

声が良い。好き嫌いはある要素ではあるけれども、僕はこういう声が好き。低音部分で震えながら掠れるような歌い方と、張りのある太い声で押し通す歌い方と、その両方を駆使して歌える人はあまりいないし、歌唱能力とは別にそもそもの声質が好み。好みに ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

なんだろうこのカラフルさ、このキュートさ。コシュニエが2013年に公開しているMVではポストロック的なアンダーグラウンドな曲を聴かせてくれる。個性的な顔立ちのボーカル中村未来の個性を普通に表現に向かわせるとそうなるよなという印象のサウ ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

デビュー時、彼らの曲は「古くて新しい」と感じられた。その衝撃こそがロックンロール・リバイバルブームの肝だった。15年近く経った今、この新曲に対して「古くて新しくて古い」というねじくれた受け止め方をしかねないのだが、往年のファンはどう捉 ...