<!-- グーグルアナリスティック用のタグ -->

review, ハンブレッダーズ, 大島栄二

review, ハンブレッダーズ, 大島栄二

ハンブレッダーズを6年前にレビューして、その時はたまたま京都を舞台にしたMVだったから惹かれてというものだったのだけど、爽やかな風のような印象を受けたことを思い出す。当時のMVはもう削除されてて見ることができないのだけれど、ほぼほぼ当 ...

Lucky Kilimanjaro, review, 大島栄二

Lucky Kilimanjaro, review, 大島栄二

タイトルがタイトルなので旧い世代としてはジーンケリーのミュージカルを連想する。しかし聴いているとLucky Kilimanjaro節全開のサウンドで、確実に2020年代の音楽。ああ、こういうのだよな、既に時代はどんどん先に行くんだよな ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

The KLFの過去作がストリーミング解禁、という一報が届いたのは年明け早々のこと。春を迎えた現在も、個人的にはこの衝撃に勝る音楽ニュースをまだ見聞していない。何しろ私にとってKLFは輝かしすぎる存在だった。3年ほど前に出版された評伝 ...

review, 大島栄二, 未遂ドロップス

review, 大島栄二, 未遂ドロップス

前回取り上げたのがおよそ6年前で、久しぶりに見た彼らのMVは迫力のある歌唱はそのままに、全体的にやわらかなイメージが広がる愛に溢れた作品だった。6年前がかなりガシガシと前に前に攻撃的で、ある意味聴く者を突き放しそうな感じだったが、年月 ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

落ち着きのあるスタイリッシュなサウンド。それなのに歌詞はスタイリッシュというよりも泥沼にはまって抜けられないみたいな、人生再起不能な内容で、このサウンドに適してるんだろうかととても不思議な気分になる。シティポップみたいなスタイリッシュ ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

玉置浩二という人はそのエキセントリックさでもつとに目立ってて、そのエキセントリックさは長渕剛、宮本浩次といったあたりとともに横綱級だと個人的に思っている(本当にすみませんすみません!)のだけれど、そんなにエキセントリックな3人にもう1 ...

review, 北沢東京

review, 北沢東京

歌を唄う人が気になってネットで検索したときに、音楽以外の活動が並列、あるいは渾然一体となって発信されているとワクワクする。踊って唄い、弾いて唄うのと同様に、歯科医になって唄ってもいい。みねこ美根のMV、実写コマ撮りのクラフトアニメーシ ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

なんかこれスゴい。メイン男性ボーカルギターが歌ってるところにもうひとりの女性ギターがボーカルとしてクロスしてくるから、ああ、これは混声ツインボーカルバンドなんだなと思ってたら、ベースも歌い始めて、そしたらドラムも歌いだす。おいおいこれ ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

今から考えてみれば、それもどうだろうか、という疑問がないでもないのだが、かつて私は、The Wedding Presentが史上最高にかっこいいバンド名だと思っていた。なんたって、ウェディングプレゼントだもの。くり返すが、ウェディング ...

review, sumika, 大島栄二

review, sumika, 大島栄二

昨年末くらいにテレビをつけてたらいきなりsumika出てきてた。高校サッカーの事前宣伝的な番組で、sumikaのメンバーが高校生サッカー選手と話をしてた。なんかシュールで面白かった。sumikaが高校サッカーの応援歌として『本音』を提 ...