<!-- グーグルアナリスティック用のタグ -->

Justice, review, 夜鍋太郎

Justice, review, 夜鍋太郎

フレンチ・エレクトロ・デュオ、JusticeのGaspardがソロデビューした。アルバムも発売されたばかりだ。JusticeだったらXavierのほうがソロ活動をしそうなイメージがあったので、正直、驚かされた。個人的にはJustice ...

review, 北沢東京

review, 北沢東京

休日の天気予報で雨の確率がけっこうたっぷりめに盛られているような気がします。不公平感なく行動を抑制するための施策だったのかもしれません。雨の降り始める時間とパーセントの予報を見て、自然に外出を控え、当日の夕方頃「そういえば、今日雨振ら ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

Primal ScreamのボビーがSavagesのジェニーと予想外のコラボを組んでいた。プライマルらしいある種のドラッグ・レイヴカルチャーっぽさからは遠く離れ、オーガニックテイストな曲にもびっくり。何、この内省的な曲調は! と驚きつ ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

精力的に活動しているイメージが強い、Hiatus Kaiyote。しかし、6月発売の新作がまだ3枚目、それも6年ぶりのリリースというのだから驚きだ。来日も多く、メンバーのソロ活動でも継続的にその名に触れていたからかもしれない。ともかく ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

「砂漠のジミヘン」という惹句もよく目にする。確かに、この音、そしてレフトハンドギターを構える佇まいから、そう称されることも納得できる。アフリカンテイストと縦横無尽に炸裂するギターサウンドの組み合わせは刺激的だし、このグルーヴ感もたまら ...

review, 北沢東京

review, 北沢東京

青春期の名曲を思い出してカバーしているような永遠のメロディに、未来の自分たちアラフォー女子が独白するタイムライン。仕事で渡米したがズレを感じ帰国した人、今の楽しさや安定を手放せず流されてた人、会社を辞め音楽活動をメインに続けてる人、か ...

review, SonoSheet, 大島栄二

review, SonoSheet, 大島栄二

なんかどこか懐かしくて、聴いたことあるぞと思ってMVを眺めてたら、この少しばかり暑苦しいルックスの熱唱。なにかどこか懐かしいんじゃなくて、こいつら知ってるんだった。つっても個人的に知ってるとかじゃなくて以前にレビューしてたということで ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

オリンピックに関して未だに問題点が露呈し続ける中、一足先にサッカーのユーロが一年遅れで始まった。大会公式ソングを手がけたのはMartin GarrixとU2のBonoとThe Edge。開会セレモニーではピッチに現れず、ヴァーチャル映 ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

歌に感情がこもるのはその歌っている人の感情が溢れるほどに存在しているからだという説があって、それはそれで一理あるとは思うけど、やっぱりそんな感情論で説明していてはいけないと基本的に思っている。ある歌手が歌う際にいつだって感情を溢れさせ ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

男のダメなところを女の視点で歌うヤングスキニーの曲。出てくる男のなんと勝手なことか、ダメなことか。それを、女が許している。別れてもなお好きだという気持ちを残している。そういう妄想のようなものを男が歌う。ずるい。というか、バカだよなあ。 ...