<!-- グーグルアナリスティック用のタグ -->

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

Ninja Tuneという最高にクールな名前のレーベル。その主宰者でもあるColdcutが新プロジェクトを立ち上げた。それがKeleketla!だ。同名のアルバムがすでに発売されていて、これがもう全編たまらない。これはその中の曲をセッ ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

こういう声、やっぱ好き。歌ものポップを聴く時になんといっても重要なのは声だと思う。そのことに異論があるのも知ってるし、同意する人が僕の好きな声を好きだとも限らないわけで、だからこの曲をこの声を好きだという僕のレビューがまったく参考にな ...

review, The Shiawase, 大島栄二

review, The Shiawase, 大島栄二

子どもが独り立ちした親の気持ちをダラダラと綴っている。めっちゃいい。このダラダラ感がリアル。力が入らないのだ、きっと。それまで忙しく世話する時間が1日の大半を占めていて、それがパタッと無くなる。その脱力感はすごいだろうなと思う。めっち ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

つい最近のこと、朝起きてスマホでfacebookをチェックすると新着情報のところにNorah Jonesのライブが始まりましたとある。ん? このNorah Jonesって本物なのか? それとも同姓同名のただの人なのか。アイコンは本物っ ...

review, 北沢東京

review, 北沢東京

『この手で奏でるありがとう』は世界一静かな家庭と表現される手話の一家の歌。耳の聞こえない両親と、聞こえる娘の出来事。「なぜ、うちだけ周りの友だちの家と違うの?」は大小あれど子どもは通過するもの。なんでお小遣い少ないの?なんでゲーム禁止 ...

review

review

この曲は5月25日の緊急事態宣言解除のタイミングで公開されたリリックMV。YouTubeの説明欄には作者のこの期間への想いが綴られている。きっと彼だけじゃなくすべての人がいろいろな想いを抱えていただろうし、表現者として活動する人がこの ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

うねるような低音! 一定のリズムで跳ねるキック音に、奔放なギターリフが重なる。曲が進むにつれて、こちらの感情もせり上がっていく。エレクトロポストパンクの気持ちいい要素を詰め込んだこの曲に、私は歓喜した。ただ、PVの再生回数を見る限り、 ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

アフタースクールかと思ったらアフタースコール。スコールというのは急に降ってくる大雨だとばかり思ってたら、どうやら激しい天候変化を伴う風速の増加現象のことらしい。それとは別に「金切り声で叫ぶ」という意味もあるそうだ。彼らの曲を聴いて、い ...

BOKUHIKARU, review, 大島栄二

BOKUHIKARU, review, 大島栄二

軽快なピアノから始まる曲。サザンの『希望の轍』を彷彿とさせるそのピアノイントロは、その期待感を裏切ることなく軽快なまま軽快な歌へと続いていく。その軽快さは終始途切れることなく、リスナーの心をずっと上げ続けていく。スゴイなこれ。その軽快 ...

ACE COLLECTION, review, 大島栄二

ACE COLLECTION, review, 大島栄二

昨年レビューしてたACE COLLECTIONがこの春メジャーデビュー。昨今メジャーであることの重要性はどんなものなんだろうという気がしないではないけれど、ユーチューバーが大人気でも数百万再生というところで全国ネット地上波なら1%で百 ...