<!-- グーグルアナリスティック用のタグ -->

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

はい、出ました、今年のベストアルバム。現時点で声高に言い切ってみたものの、もちろん、後々、堂々と覆していく可能性が高いことは、どうかご容赦いただきたい。とにかく今、これを聴いてほしい。皆さんにも、今年のベストだな、と共感してほしい。そ ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

最近は本当にポップなバンドが多いですなあ。特に女性ボーカルがキュートでサウンドがガチッとしてるのが本当に多い。ひとつひとつを取ってみるともう十分にクオリティがあって、生涯そのバンドのファンであり続けても何の問題もないと思ったりします。 ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

いろいろな音楽を漁っていると、時々興味深いものに遭遇する。それも音楽の楽しみ方のひとつだろう、結構特殊だけれども。で、このアコギユニット。ユニット名がホッとレモン。昨今たくさんいるローカルアイドルグループならわかるが、熱唱系の人たちで ...

review, 北沢東京

review, 北沢東京

ASAYAN、ウリナリ、電波少年。テレビが元気良かった頃の思い出を話してたら「パッパラー河合ワークス良いっすよ。ポケットビスケッツのスネアの音が今聞いても理想のスネアです」というので「ユリマリは聞いたか?」と返した。爆風スランプのよう ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

懐古系シューゲイズというらしい。シューゲイザーというのはどんなジャンルだと一言でいうのは難しくて、彼らのは結構ポップ方向に振り切れているなあと思う。とはいってもいわゆる普通のポップとは違うということは聴けば解るはず。ポップというのはか ...

review, 松浦達, 電気グルーヴ

review, 松浦達, 電気グルーヴ

AI、FinTech、VR、ブロックチェーンなどの高速度で定着する(ような)概念群にどこまでの人がついていってるのか解らないけれども、良質なアプリからカクテルパーティー効果的にその個人にとっていい音楽を選んでくれるサービスが出てきだす ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

温かみのあるギターから始まるグッドミュージック。魔法のような曲がまた一つ誕生した。フォークやカントリーっぽい要素に、それでいて繊細でなよなよっとしたニュアンスもあり、その混ざり具合も絶妙だ。じんわりと染み入ってくる。どんな人たちがこん ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

ギターがカッコいいよな。ちょっとしたリフ、カッティング、ハーモニクスを効果的に鳴らして、けっして前に前にと出てきたりはしない。ここぞとばかりにバンドの主役であろうとするギタリストはとても多いけど、そしてそういうギタリストを否定するわけ ...

Awesome City Club, review, 大島栄二

Awesome City Club, review, 大島栄二

なんだろうこのプロの仕事。音楽は制作環境がどんどんとパーソナルなものになっていき、その過程でプロの制作もどんどんと個人ベースのシステムに委ねられていく。予算規模も小さくなっていくしな。で、そういう環境はアーチストの発想がダイレクトに形 ...

review, 大島栄二, 爆風スランプ

review, 大島栄二, 爆風スランプ

昔の映像を見ていると「あああ、なんでこれ好きだったんだろう、どこが良かったんだろう」とつくづく昔の自分を罵りたくなることが時々あります。爆風スランプの名曲といわれたこの歌も今ライブ映像見ると歌下手だなと思わずにいられないです。ホントな ...