<!-- グーグルアナリスティック用のタグ -->

review, 大島栄二

review, 大島栄二

ミュージシャンの自宅スタジオと思われる空間で演奏するMV。いや、自宅かどうかわからんけど、そこそこ狭いスペースに片山博文氏と鍵盤の女性がいて、そこにミキサーやなんやらの録音用機材が並んでいる。通常スタジオではミキサーなどの卓があるとこ ...

review

review

とても暖かい気持ちになれる。と同時にどこか懐かしい。こういう音楽聴いたことあるよなあというのはもしかするとミュージシャンに対して褒め言葉にはなっていないかもしれないとビクビクしながらも、やっぱりどこか懐かしい。もちろんどこかで聴いたこ ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

まさにレジェンド、The Clash。そのフロントマンでありパンクシーンのカリスマ、Joe Strummerの没後20年が近づきつつある。そんなことも関係しているのか、今年3月にはThe Clash以降のキャリアにおける名曲、未公開曲 ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

ポップ、というのともちょっと違う。かといってロックでもなさそうな、シティポップでもなければ、一体これはなんなんだろうか。とても洗練されていて、聴いていてとても心地いい。聴いて心地よければそれだけでよくて、ジャンルなんてどうでもいいじゃ ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

あやしい外国人の不思議な曲のMV。あやしいけれど、なんかイイ。なんかというか、めっちゃイイ。MVの中で黄緑のジャケットを着てるのがどうやらSeanくんらしい。この曲を含めて数本のMVを公開しているのだけれど、どれにも彼の音楽愛が溢れて ...

review, フジファブリック, 大島栄二

review, フジファブリック, 大島栄二

フジファブリックのYouTubeではこのところ色々なシンガーとコラボ、というかフィーチャーしたパフォーマンスが多い。それは3月にリリースされた『I Love You』というアルバムにそういうコラボがいくつかあるからなのだが、そのMV動 ...

review, 北沢東京

review, 北沢東京

偶然通った場所でアジアフェスティバルを見た。フードトラックに衣類雑貨の出店。ステージでは、中国、ベトナム、台湾のダンスやバンド。その中、チベット山岳民族が遠距離通信の手段としてつかう高音歌唱をピアノ弾き語りしていたのがリーメイズムでし ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

怖い。怖いってなんだよ。でもこのMVがとっても怖い。キューブリックの映画『シャイニング』に出てくる双子のシーンが、ただ立ってこっちを見てるだけなのに訳もなく怖いような感じの怖さ。訳もなくっていっても、きっと訳はあるはずで、そのあるはず ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

serpentwithfeetことJosiah Wise。一部で大絶賛された彼のデビューアルバムについて、私は完全に後追いで知った。だが、約3年ぶりに発売された2作目の「DEACON」にはどっぷり浸りまくりだ。R&Bプラスエレ ...

review, まん腹, 大島栄二

review, まん腹, 大島栄二

6年前に個人的最高得点(?)獲得のライブ映像『どうせもう』をレビューして、以来その消息がまったくつかめなくなっていた幻のバンドまん腹。いや、勝手に僕が見失ってただけだけど、今こうして新曲MVを目の当たりにして、過去の活動について探って ...