<!-- グーグルアナリスティック用のタグ -->

review, 大島栄二

review, 大島栄二

暗いテンションと明るくなっていくベクトルとが交互に訪れる曲。その構成が面白いなあと思う。動画でもゴミ集積所にたむろするホームレスの藤井風と、街中を放浪するミュージシャンの藤井風。同じ人なのにこんなにも見え方が違うのが興味深い。ものごと ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

Leon BridgesとJohn Mayer、それぞれの自宅での映像を使ったMV。世界的に(その状況は各国さまざまだが)「ステイホーム」が呼び掛けられている中、今後しばらくは、このような形のMVも増えていくのだろうか。テレビ放送でも ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

浮世離れした何か、というものはある。たしかに存在している。この曲も、そんなもののひとつだ。

最近のコロナ騒動で、いや確かに困った状況だし、街でお店を経営している人たちの経費が払えないんだよという苦悩が毎日のように報じられて ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

このふざけたお遊びのような名前のバンドが奏でるポップ。おいおいお遊びなんかじゃないじゃないかこの本格的なポップミュージックは。ボーカルAKANITAの声質がアイドル的なコケティッシュといっていい種類のものなので一瞬若い子のお遊び的な表 ...

review, Uru, 大島栄二

review, Uru, 大島栄二

Uru、歌うまいよなあ。歌手なんだから歌がうまくて当たり前なのかもしれないけれど、そんなのわかってるけれど、それでもあらためてうまいなあと感じずにはいられない。じゃあうまいってどういうことなんだろうと考えてみる。音階通りに歌えるとか、 ...

review, 北沢東京

review, 北沢東京

flawright『吉祥寺』や平賀さち枝『高円寺にて』が好きな理由は曲の良さ、後は勝手に思い浮かべる自分の心象風景だろう。それは『津軽海峡冬景色』よりも自分の歌なのだ。東京の町の子にとっての大自然は広い川だ。小学生は、川を超えて遊びに ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

ミニマルな事柄を表すのが私小説ならば、この人の歌ほど私小説な表現もなかなかない。一昨年の曲『0.02mm』が結構衝撃的で。しんみりくる歌い方もそうだが、歌っている内容の、内面の後悔という限りなく個人的な、他人にはどうでもいい世界なのに ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

古き良きアメリカーナとでも言うべきか。オールドタイム風を漂わせつつも「現代」に繋ぎ留められるような、不思議な感覚がおもしろい。ブルースやカントリーの空気を醸し出しながらモダンさを感じるのは、軽やかさ故かもしれない。この異なるベクトルの ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

この疾走感はいったいなんだろうか。曲名は失踪なのに楽曲からは疾走感。いや、ダジャレを言っている場合じゃないんだけれど、そんなつもりはないんだけれど、曲の頭から最後まで必要以上に駆けている感じに満ちあふれている。ポップミュージックのAメ ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

小気味いいテンポで徹頭徹尾突き進んでいく曲。動画の解説欄には「LEODRATの持ち味であるシンガロング必至の歌」とある。うん、確かにシンガロングしたい。1番が終わって間奏に入っても演奏のテンポもリズムも特に変えること無く続いていき、知 ...