<!-- グーグルアナリスティック用のタグ -->

review, 大島栄二, 日食なつこ

review, 大島栄二, 日食なつこ

雪の中で鍵盤を弾きまくり歌いまくる日食なつこ。こんなところに楽器持って来るのって物理的にも大変だし、雪をかぶったら壊れるんじゃないかという心理的にも大変だろうなあと普通に思います。でもそれで音楽が拡がっていって聴いてもらえればいいじゃ ...

review, ヒグチアイ, 北沢東京

review, ヒグチアイ, 北沢東京

子どもが辛い習い事に時間を費やす日々が、本当に必要かと考えることがある。厳しい練習だったというクラシックピアノの十何年が、クラシックそのものじゃなくても、ヒグチアイの自己表現の骨になっている様子を見て「やはり、幼年期から何かに打ち込ま ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

CITY LIGHTSと聞いてチャップリンを思いつく人は今どのくらいいるのだろうか。50を超える僕ですら1931年公開のその映画をリアルタイムには観ていない、当たり前だが。それでも少年の頃の名画座ではチャップリン映画は時折上映されてい ...

review, 松浦達

review, 松浦達

おくればせながら明けまして、黄砂で眼鏡が早速曇りながら、その合間からフィットネス・クラブと進学塾の広告と建物が増えたな、と思いながら、どちらも「自己」投資の名目の下に過度な演出とともに、今の御時世に合う意味ではよく分かる。健康のためな ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

ハッとする。イレギュラーなタイミングで差し挟まれる「世界は」のフレーズ。これが繰り返されるうちにハッとする気持ちがどんどんと焦燥に変わっていく。曲の作り方の基礎の基礎として、Aメロ+Bメロ+サビみたいなものがあって、それが起承転結とい ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

アルバムは2016年9月に発売されているが、PV公開が比較的新しいので、今回紹介させていただきたい。というか、みなさんにも是非とも聴いてもらいたい。個人的には、この曲が昨年、一番ぐっときたんじゃないか、と思う。「2016年心の歌」と評 ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

いつの時代も別れは表現の大きなテーマ。人の心が揺さぶられるからだろう。その名もズバリ「グッドバイ」というこの曲で、男の声のボーカルが別れの歌を歌う。画面には自転車を漕ぐ若い女性。「足早に荷物をまとめてこの街にもサヨナラを告げた」といい ...

review, 北沢東京

review, 北沢東京

冬のイルミネーション漫遊。夕方、屋内のヴィーナスフォートを出発、お台場ガンダム、カレッタ汐留、六本木ミッドタウン、水道橋ドームシティへプロジェクションマッピングや噴水ショーを数時間で一気見。他、丸の内はシャンパンゴールド一色で大人の雰 ...

review, 大島栄二, 宇多田ヒカル

review, 大島栄二, 宇多田ヒカル

3日前に公開されたMVが公開翌日には数万回の再生回数。このレビュー公開時にはどのくらいになっているんだろう。その冒頭、いきなり男性の声でラップが始まる。誰だこの兄ちゃん? Kohhというラッパーは実は有名な人なんだけれども、ほとんどの ...

PELICAN FANCLUB, review, 大島栄二

PELICAN FANCLUB, review, 大島栄二

亡くなった友人のお別れの会を開催して、そこで集まった友人たちがひとりひとり故人の想い出を語った。その言葉たちには当たり前のように自分が知らない友人の姿があり、そこにはすでにこの世にいないはずの友人がいた。自分が知らない友人の姿を知ると ...