<!-- グーグルアナリスティック用のタグ -->

review, 大島栄二, 宇多田ヒカル

review, 大島栄二, 宇多田ヒカル

知らない間に宇多田ヒカルもデビュー20年をとっくに過ぎていた。オッサンだからデビュー当時の鮮烈な印象は今もってまったく褪せていないのだけれど、それはデビュー作がバカ売れして、ミリオンが当たり前だった当時であってもその売れ方がちょっと尋 ...

review, 宇多田ヒカル, 松浦達

review, 宇多田ヒカル, 松浦達

大きな空港や駅でこの曲が突然、大きく流れて思わず動作を止めてしまったことがある。宇多田ヒカルという存在があまりに大きくなりすぎて、もはや立ち止まりすらしない人たちばかりの中、また、この「あなた」は何なのだろうと思うほどの深度がありなが ...

review, 大島栄二, 宇多田ヒカル, 椎名林檎

review, 大島栄二, 宇多田ヒカル, 椎名林檎

コラボってすげえな。いや、コラボって基本的には個性と個性のぶつかり合いなわけで、言ってみれば音楽格闘技。どちらの技が相手を打ち負かすのか(結局勝ち負けの世界から抜け出せないのか!)なのだが、どんな異種格闘技戦に参入しても負けることはな ...

review, 大島栄二, 宇多田ヒカル

review, 大島栄二, 宇多田ヒカル

3日前に公開されたMVが公開翌日には数万回の再生回数。このレビュー公開時にはどのくらいになっているんだろう。その冒頭、いきなり男性の声でラップが始まる。誰だこの兄ちゃん? Kohhというラッパーは実は有名な人なんだけれども、ほとんどの ...

review, 宇多田ヒカル, 松浦達

review, 宇多田ヒカル, 松浦達

国民的歌手ともいえる重い悲哀と、微かな希い的な何か。このようなタイプキャスティングされた言葉を附箋の役割にしないといけないくらい、嵐の季節に彼女は颯爽と戻ってきた。「花束を君に」、そして、「真夏の通り雨」。二曲とも、散り生きて、咲き活 ...