<!-- グーグルアナリスティック用のタグ -->

スターダスト☆レビュー『木蘭の涙』【還暦過ぎてなお、脳血栓を患ってなお】

スタレビは間違いなく昭和から平成にかけての日本を代表するバンドだ。ファン層もどちらかというとおとなしい大人が多く、サザンやBOOWY、ミスチルといった「派手」なバンドとは立ち位置を異にするけれども、その実力はシーンの中での地味さとは裏腹に日本のトップだと言っても過言ではない。この木蓮の涙は彼らのナンバーでも傑出した代表曲で、いつ聴いても心に響く。生き様がロックなバンドとは違うので、それぞれの曲に「この人の人生にとってのターニングポイント的な歌」みたいな肉付け解説は付けにくいし付けても意味がないのだが、そんなものがなくても、本当に聴けば素直に心が締め付けられる名曲に、彼の歌唱力が加わって最強だなあと感心せざるを得ない。

バンドボーカルの根本要が昨年60歳を迎え、制作していたニューアルバム『還暦少年』のリリースがいよいよ(6/27)というタイミングで根本要に軽い脳血栓が見つかり、予定されていたイベントが次々とキャンセル。まあ、健康には勝てませんよ誰でも。オフィシャルページでは根本氏のコメントが公表され、意外に元気そうな様子が報告されている。2週間ほどの入院でいいそうで、7月のツアーは行われるそうだ。良かった良かった。

(2018.6.23) (レビュアー:大島栄二)


ARTIST INFOMATION →


review, 大島栄二

Posted by musipl