<!-- グーグルアナリスティック用のタグ -->

review, 北沢東京

review, 北沢東京

Twitterでは知らないけどInstagramでは有名な人がいるように、tiktokでも17Liveでも、その界隈の情報というのがあり、どんな経路にせよ、あまり自分で情報を掘り下げない私にまで存在が届くということは、いずれ広く知られ ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

なんかオモロイ。古墳シスターズって、みんな男なのでシスターじゃないし。香川県発のバンドで、香川に古墳ってあったっけ? ストレートなロックバンドのように見えるけれどドラマーのルックスはハードロッカーだし、なんだろうこれ、この微妙なアンバ ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

紹介するのが遅くなったが、彼らの新作がすばらしい。昨年9月に6枚目のアルバムをリリースする予定だったところ、フロントマンのBlaineの体調不良により、延期されていた。彼の体調について詳しくは知らないのだが、無事にリリースされて本当に ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

生まれ育った街のことを「何も無いこの町」と表現する。なのに、最愛の町。おかしいだろう、何かあるだろう、愛する何かがあるから最愛の町なんだろう。論理的に考えたらそうなんだろうけれど、現実は論理の通りになどいきゃしない。つまらなくて出てい ...

monthly ranking

monthly ranking

2020年5月ランクイン動画再生リスト1位:RAF『世界』

日常が100%満足で充足しているのであれば、旅にでる必要なんて無い。満ち足りているようでも、気付かないストレスに晒されていて、それで非日常を味わいたくて人は旅に出る。

review, 大島栄二

review, 大島栄二

SHE’S、選抜高校野球のテーマソングだったのか。そりゃあバンドとしても残念だったな。しかしながらバンドはまだ活動できる。今はあらゆるライブが難しい状況だけれどもそのうちにライブはできる。しかし高校球児はなあ、本当にかわい ...

review

review

   トンネルを抜けると曇り空/今北へ向かうところ
   私は今日も歌を歌う/今北へ向かうところ

冒頭の歌詞から自然体。トンネルを抜けて雪国が見えるとかいういかにもなドラマチックさは無く、ただただ日常が描かれる。シ ...

cicada, review, 大島栄二

cicada, review, 大島栄二

めっちゃポップ。このローテンポなのにポップ感に溢れているテイストっていったいなんだろう、この城戸あき子って誰なんだろうって数秒考えて、ああああああ! これはcicadaのボーカルの人じゃんという結論に至る。cicada、知ってますか? ...

review, 大島栄二

review, 大島栄二

暗いテンションと明るくなっていくベクトルとが交互に訪れる曲。その構成が面白いなあと思う。動画でもゴミ集積所にたむろするホームレスの藤井風と、街中を放浪するミュージシャンの藤井風。同じ人なのにこんなにも見え方が違うのが興味深い。ものごと ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

Leon BridgesとJohn Mayer、それぞれの自宅での映像を使ったMV。世界的に(その状況は各国さまざまだが)「ステイホーム」が呼び掛けられている中、今後しばらくは、このような形のMVも増えていくのだろうか。テレビ放送でも ...