<!-- グーグルアナリスティック用のタグ -->

無礼メン『有言実行ボーイ』【超個性的なボーカルを失った、ファンク魂炸裂のオリジナリティな奴ら】

有言実行ボーイっていうタイトルだとさぞ前向きでポジティブさ推しのメッセージソングなのだろうと思って聴いたらまったく違ってて、何にも実行できていない人の哀愁に満ちたソングだった。サウンド自体は結構しっかりしたファンクミュージックなのだが、曲の内容からなのか、それとも少しばかりゆっくり目のリズムによるものなのか、前に前にという圧力がまったくなくて心地良い。それにしてもこの強烈なインパクトのボーカルはなんなんだスゴいなと思ってHPを見たらどこにもその姿がなくて。ええ? もしかするとこのベースボーカルの人が作品のためにスキンヘッドにして少しばかり太ったのか? と思ったら、どうやらつい最近脱退したSEIさんという前ボーカルの人らしい。バンドはメンバーが移り変わるものだし、メンバー脱退を残念がっても仕方ないのだが、このインパクトあるキャラのボーカルが抜けると大変だろうなあと他人事だけど想います。この動画は結成メンバーによる最後のMVということで、最後に集まって作ったのかと思ったらどうやら過去MVのカットを組み合わせて作られたもののようで、過去作品を見れば、ああこのシーンはあのMVで使われてたヤツだなというのがすぐにわかります。しかし過去作品の撮影動画だからリズムもテンポも違うので、それをひとつにまとめるのは大変だなあ良くできているなあと感心します。そしてその過去MVにはカバーMVもいくつかあって、これがイイ。バンドにオリジナルな作風が無ければカバーに挑んでも単なるコピーに終わる。カバーは有名楽曲を検索した人に関連動画で表示されるので、無名バンドにとっては知ってもらえるチャンスになると多くのバンドやシンガーが挑戦しているが、そのほとんどが単なるコピーで、知ってはもらっても良い印象につながらないということになってしまっているが、無礼メンのこのファンク魂とオリジナリティはカバーをやることによってより前面に浮き出てきていて、カバーの成功例と言っても過言ではないだろう。その彼らがキャラクター力120%のボーカルを失って、2週間ほどで新体制によるMVを公開している。メンバー脱退に落ち込むこと無く前に向かって進んでいこうという意思が現れていてとても良い。が、まったく違ったバンドのようになっていて、これからはなかなか大変だろうなあとは思うよ。頑張って!

(2018.8.24) (レビュアー:大島栄二)


ARTIST INFOMATION →


review, 大島栄二

Posted by musipl