<!-- グーグルアナリスティック用のタグ -->

amazarashi, review, 大島栄二

amazarashi, review, 大島栄二

amazarashiの音楽はいつも横たわる問題とそれに対する諦めのような現状容認がある。一時期それとは違うフィールドに踏み出したかのように感じたこともあったが、今作では王道ともいえる悩みの中心に仁王立ちしているような趣がある。 ...