<!-- グーグルアナリスティック用のタグ -->

Justice, review, 夜鍋太郎

Justice, review, 夜鍋太郎

フレンチ・エレクトロ・デュオ、JusticeのGaspardがソロデビューした。アルバムも発売されたばかりだ。JusticeだったらXavierのほうがソロ活動をしそうなイメージがあったので、正直、驚かされた。個人的にはJustice ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

Primal ScreamのボビーがSavagesのジェニーと予想外のコラボを組んでいた。プライマルらしいある種のドラッグ・レイヴカルチャーっぽさからは遠く離れ、オーガニックテイストな曲にもびっくり。何、この内省的な曲調は! と驚きつ ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

精力的に活動しているイメージが強い、Hiatus Kaiyote。しかし、6月発売の新作がまだ3枚目、それも6年ぶりのリリースというのだから驚きだ。来日も多く、メンバーのソロ活動でも継続的にその名に触れていたからかもしれない。ともかく ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

「砂漠のジミヘン」という惹句もよく目にする。確かに、この音、そしてレフトハンドギターを構える佇まいから、そう称されることも納得できる。アフリカンテイストと縦横無尽に炸裂するギターサウンドの組み合わせは刺激的だし、このグルーヴ感もたまら ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

オリンピックに関して未だに問題点が露呈し続ける中、一足先にサッカーのユーロが一年遅れで始まった。大会公式ソングを手がけたのはMartin GarrixとU2のBonoとThe Edge。開会セレモニーではピッチに現れず、ヴァーチャル映 ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

6人編成(バンドのメンバーは5人らしいが)のこの並びを目の当たりにするだけで興奮してしまう。同じレーベル(WARP)の先輩、Battlesを彷彿させる劇的な曲展開と、同じく!!!を連想するようなハイテンション。これはノリノリ必至じゃな ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

ノルウェー出身のgirl in redが待望のファーストアルバムを発表した。現在22歳。その若くしてあふれる才能に関しては、1曲聴くだけでも確信させられる。これはもうドストライクの好みだ。メディアでは、彼女の心の闇を歌ったとか、自身の ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

6/9でロックの日。せっかく担当の水曜日なのだから、それっぽいものを紹介してみようかしら……とレビュー候補メモを調べてみたものの、「ロックの日!」という響きにそぐわないものが多く並ぶ。依然、ロック不毛の時代は続いているのかもしれない、 ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

英国レスターの5人組、easy lifeのデビューアルバムが発売された。レスターという都市に関しては、以前、Nick Moonや地元の大スターKasabianのレビューにおいて、岡崎慎司が所属しするチームが成し遂げた奇跡のプレミア優勝 ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

とっくにレビュー済みだと思い込んでいた。以前、サマソニの特集記事を書いた記憶とごっちゃになっていたらしい。というわけで、今このタイミングで、みんな大好きThe Chemical Brothersを初めて取り上げる。2年ぶりの新曲が発表 ...