<!-- グーグルアナリスティック用のタグ -->

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

前回の予告通り、私の2020年度ベストソングを扱わせていただく。あくまで曲単体として、シンプルに最も好きなものを取り上げたい。先週紹介したPhoebe Bridgersのアルバム内の曲がベストかも、という思いもある。だが、それは別とし ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

私、夜鍋のレビューはこれが本年一発目。今週と来週の二回にわけて昨年の個人的ベストアルバム、ベストソングを扱いたいと思う。今回はアルバム編、ということでそこから一曲紹介させてもらおう。リリース時期からはだいぶ遅れてしまったがご了承願いた ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

元々のジャンルで言えば、ニュー・ウェイヴ、あるいはポストパンクなのだろう。昔の私がエレクトロポップバンドを探るうち、たどり着いたのがこのUltravoxだ。オリジナルメンバーが数人脱退し、曲調も変化したあとのベスト盤で彼らを知った。初 ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

Jellyfishのメンバー3人による新バンドが誕生していた! すでにEPを出しており、来年1月には第2弾をリリースする予定らしい。私はこの一報を最近知った。新しい活動自体はもちろん、精力的な動きにも(遅ればせながら)狂喜した。何しろ ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

以前、1枚しかアルバムを出していない偉大なアーティストランキング、みたいな特集記事があった。もちろん、Sex Pistolsの名がまず挙がり、The Avalanchesもまた取り上げられていた(その後、彼らは満を持して2作目を出した ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

アルバムは今夏にストリーミング配信されていたが、この度CDでも発売された。多重録音を駆使し、一人きりで作り上げたものとは思えないほど、広く豊かな世界を体験できる作品に仕上がっている。誰もが一発で魅了されるに違いない。中でも、特にこの曲 ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

この名前にピンとこなくてもGreen Dayのサイドプロジェクトと聞けば、きっと興味をひかれるはず。覆面バンド、という紹介の仕方もよく見かけるが、あまりにも公然すぎて、その覆面、まるで顔を隠せていないぞ、というのは野暮な指摘なのかもし ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

パワーポップのレジェンド、私の敬愛するThe Posiesが4年ぶりの新曲を発表した。MVもちゃんとあるので(今回こうして紹介することができて)非常にうれしい。いつにも増して、まずは聴いてもらえたらいい、それで充分に魅力が伝わる、と思 ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

The Cribsが8枚目となるアルバムを発売した。そんなに出しているのか、という軽い驚きはあった。彼らの活動を積極的に追っていなかったため、元The SmithsのJohnny Marrが加入したのち脱退した、というニュースを見聞き ...

review, 夜鍋太郎

review, 夜鍋太郎

ひょっとして宇宙人かもしれない、と思っている。耽美的な歌声はもちろんだが、佇まいが同じ種類の生物とは思えない。以前、ソロツアーライブで、優美さと荘厳さを兼ね備えた衣装と完璧に調和を取れたその立ち姿を目の前にして、もし宇宙人がいるとした ...