<!-- グーグルアナリスティック用のタグ -->

ネクライトーキー『タイフー!』【チープとチープとチープとヘビーの絶妙のバランスがイイ!】

台風が日本を横断していったのがつい数週間前。直撃したところ、ぜんぜん擦りもしなかったところ、いろいろあるでしょうが、僕のところは息子の運動会が中止になりました。いやそんな程度のことなら翌週やればいいだけのことで、亡くなった方やそのご家族、農業被害を受けた人たちのご苦労を考えたら…。そんな中(?)こういうタイフーという歌、どうなんでしょうか。僕は、、、イイと思います。誰かの状況を考えて何でも自粛なんてことやってたら表現なんて出来ないわけで、しかも単にタイフーって言ってるだけで、台風の被害を受けた人のことを罵倒したりなどまったくしてないわけなので、何も問題ないと思います。楽曲がどうなんだというだけが判断基準で、これは本当にポップで素晴らしい。ベースの低音に極端にシフトした音とキーボードのチープすぎる感じのギャップがとても面白くて、そこに被せてくるギターのプチフレーズがシンセとユニゾンしてたりしてて、それが左右にキッチリ分かれて鳴ってくるあたり、まるでテクノのような印象でとても面白い。ボーカルの歌い方もチープサウンドとマッチしてて全体が一丸となってまとまっててグッドです。ギターソロに移る直前の「ギター!」というのが本当にチープで笑っちゃいますけど、その笑っちゃう感じの軽さが、このバンドの持ち味なんだろうし、その軽さでタイフーと歌われたところで、台風被害のことを考えろなんていうのがそもそもナンセンスでしょという感じになっちゃってて、とても良いです。聴いてて嬉しくなります。嬉しくなる理由が何なのかはまったくわからないんですけども。

(2017.11.3) (レビュアー:大島栄二)


ARTIST INFOMATION →


review, ネクライトーキー, 大島栄二

Posted by musipl