<!-- グーグルアナリスティック用のタグ -->

コレサワ『パープル』【次の一歩を新しい場所へ、優しい歌とともに】

黙っていても時間は過ぎ、その日はすぐにやって来る。別れの日だ。それは各々が次に進む晴れやかな日で、そのことは誰もが祝われるべきこと。いつまでも同じでいていいはずはない。同じでいるというのは朽ちることでしかなく、だから、変わらなきゃいけないのだ。でも、変わるというのはちょっとせつない。なんとかして今の大切なものだけでも変わらずにいるわけにはいかないのだろうか。そんなことは誰しもが思うが、変わらないわけにはいかない。新しい場所が待っているのだ、あなたにも、僕にも。

3月の終わりというのはそういう変化の季節。次の新しい場所へ。それでもやはり断ち切り難い何かが後ろ髪を引くだろう。それは幸せなことなのだ。今がすべてを切り捨てて逃げ出したいものだったら、それは哀しく不幸なことで、だから捨て難い忘れ難いものがある今は幸せなので。今を幸せに過ごせた人は、次の新しい場所でも大切な何かにきっと出会うはず。今の大切なものを忘れ去る必要なんてなく、写真や記憶としてとっておいて、次の新しい場所へすっと一歩を踏み出してもらいたい。コレサワのこの優しい歌が、その一歩の後押しになるのではないかと、今日はこの曲を。

(2019.3.25) (レビュアー:大島栄二)


ARTIST INFOMATION →


review, コレサワ, 大島栄二

Posted by musipl