<!-- グーグルアナリスティック用のタグ -->

RETO『あのね』【このMVの中に11個変わったところがあるの見つけられた?】

必殺のライム、グッとハートを掴む歌詞をパンチラインといったりするけど、本当にこの文字数で描けてる!っていう一文、好きです。心の掴み方は、熱さだったり、冷たさだったり。「やられたー!」と勝ち負けを感じてしまうのは、アイディアの一文。RETO『あのね』の動画に添えられた「このMVの中に11個変わったところがあるの見つけられた?」っていうリードコピー。これ、間違い探しがあるの(正解者には叙々苑の食事券がっ)。再生回数が階段を上る要素なのだし、ファンサービス、初見の人へのユニークさ、バンドの遊び心、長文にせず一文で。やられたー!3回見たもん。一度切りのネタでなく、このアイディア繰り返しても面白いと思う。

(2017.10.3) (レビュアー:北沢東京)


ARTIST INFOMATION →


RETO, review, 北沢東京

Posted by musipl