<!-- グーグルアナリスティック用のタグ -->

The Armed『ALL FUTURES』【この曲でロックの日を堪能すべし!】

6/9でロックの日。せっかく担当の水曜日なのだから、それっぽいものを紹介してみようかしら……とレビュー候補メモを調べてみたものの、「ロックの日!」という響きにそぐわないものが多く並ぶ。依然、ロック不毛の時代は続いているのかもしれない、と不安にもなる。もちろん、バンド編成、という形は確実に残っているし、それが消滅するわけでもない。ただ、やはりストレートに「ロック」と形容できるものが減っている印象はぬぐえない。いや、嘆きをお送りするつもりもなくて、レビュー後半のここでようやく本題に入るのだが、ささやかなロック枠のラインナップから、間違いなく「がつん!」と来る、The Armedを取り上げたい。圧倒的なパワー、重ねられた歪みが魅力的なギターの音。シャウトの連続。攻撃的でヘヴィな音楽が、ポップさを備えた絶妙なバランスでまとまっている。激しいながらもむちゃくちゃ聴きやすい。というわけで、この曲でロックの日を堪能すべし!

(2021.6.9) (レビュアー:夜鍋太郎)


ARTIST INFOMATION →


review, 夜鍋太郎

Posted by musipl