<!-- グーグルアナリスティック用のタグ -->

review, 北沢東京

review, 北沢東京

ハミングしながら茶畑の丘を越えていったら台湾に着いていた様なhiromi『一杯茶・イベイツア』の軽やかさよ。ポットのお湯に入れると花が咲くように膨らむ茶葉なんて知らなかった!目で鼻でお茶を楽しむなんて知らなかった!他に知らないこと、あ ...

review, 北沢東京

review, 北沢東京

偶然通った場所でアジアフェスティバルを見た。フードトラックに衣類雑貨の出店。ステージでは、中国、ベトナム、台湾のダンスやバンド。その中、チベット山岳民族が遠距離通信の手段としてつかう高音歌唱をピアノ弾き語りしていたのがリーメイズムでし ...

review, 北沢東京

review, 北沢東京

歌を唄う人が気になってネットで検索したときに、音楽以外の活動が並列、あるいは渾然一体となって発信されているとワクワクする。踊って唄い、弾いて唄うのと同様に、歯科医になって唄ってもいい。みねこ美根のMV、実写コマ撮りのクラフトアニメーシ ...

review, 北沢東京

review, 北沢東京

『ポンコツのうた』のミュージックビデオがマルチバース。ギターを持つシンガーが「わかるよ。大丈夫、大丈夫。おっと変なやつが来たっ!」と寄り添うけど、主人公の女性には見えていない。これは、聴いている歌が人間の姿で生きている世界と、私たちが ...

review, 北沢東京

review, 北沢東京

コビッド19で1年。行列に並ぶバツの悪さ。外出や帰省も断罪される日々。人が集まる場所に集まりすぎる問題が緩和されて有難い。過剰な集客広告は最適に落ち着いた。自分だけが知っている誰も話題にしていない夜景スポットなど、そんな場所を持ってい ...

review, 北沢東京

review, 北沢東京

2000年リリースの『MAZY REPEATER』は、豊かなストリングスアレンジと同時に、レトロピアノ弾き語りバージョンが存在していた。どちらもすごく小さい場所から溢れ出し、どこかへ向かいたい思いが渦巻くサウンドだった。しばらくして『 ...

review, 北沢東京

review, 北沢東京

曲や人や楽器を紹介する機会を何年か続けているうちに、自主盤手売りだった人がテレビに出ていたり、世界的大スターを思い出さず忘れ去り、世間も変わる。ビートルズの曲を誰もが知っている日本ではないし、知る人ぞ知るジャズシンガーの知名度など地下 ...

review, 北沢東京

review, 北沢東京

ミニ四駆、ベイブレード、そんなポケットの中の熱血バトルのひとつが仮想空間のガンプラバトル。まぁ、ネトゲだけど。現代、アニメのオープニングでも「悪の帝国をぶっ潰せ」「男なら泣くな強くあれ」などの、特定の価値観を前提にして子どもを先導する ...

review, YUKI, 北沢東京

review, YUKI, 北沢東京

昔のレンタルDVDにあった特典映像。映画公開時の舞台挨拶、メイキング映像、アイドル女優のインタビュー。配信の時代、無くても困らないコダワリが消えていく。だが、捕獲者には有利な初回生産限定盤を発掘購入しやすいメルカリ時代の到来。YUKI ...

北沢東京

北沢東京

マスクしながら合唱や運動をしている人らは、ウイルス感染防止ではなく、心の安定の為でしょう。何もしないで寝てるのは感染防止にも環境問題にも有効だけど、認めてもらえない寂しさがある。世の中のルールが変化しつつある今、私にはいい体験もあった ...