<!-- グーグルアナリスティック用のタグ -->

review, 北沢東京

review, 北沢東京

久々に思い出したバンドの数年の新譜をまとめ買いしたら…イタリアのバンドが、アメリカで活動始める時に商標問題でRhapsodyに of Fireを付け足したのは知ってた。その後、コアメンバーが分裂!Rhapsody of Fireと、L ...

review, 北沢東京

review, 北沢東京

全ては誰かの影響下のロックンロール、どこまで心酔し相続しているか。では、ラトルズは相続なのか泥棒なのか。タマ伸也からオノヨーコのTwitterに送った「ジョン・レノンさんの新曲作りました」に返信はなかったという。さて、「忌野清志郎さん ...

review, 北沢東京, 黒木渚

review, 北沢東京, 黒木渚

ポップスの詞は大体「君が好きだ」「俺は行くぜ」「さようなら」で、後は位置と関係性により、聞く人が求めた喜怒哀楽と融合し、元気に走り出す「さようなら」や苦悩で落ち込む「君が好きだ」が着地する。受け手が求めてなかったらスルーで終了。でもた ...

review, 北沢東京

review, 北沢東京

そういえば私目に焼き付いてずっと頭から離れない女の子がいるんですよ。中学の頃に眠って見た夢なんですが、学校のそばのバス停で、隣に並んだ童顔のロングの髪の少女が「約束を守ってくれたから」と話しかけてくるんです。赤い服、顔もはっきり覚えて ...

review, 北沢東京

review, 北沢東京

『Runner (平成30年 Ver.)』が平成ラストイヤーに流れる。走った人、走り続けている人、走りたかった人、みんなこの曲と付き合った。長い人は30年の付き合い。昭和の終わりの爆風スランプに起こった出来事を忘れられず。その後、音楽 ...

review, 北沢東京

review, 北沢東京

林檎、ナンバガの色濃い影響下であった狂気ともいえる音楽漫画の主人公を思い出した。林檎もナンバーガールもどうなったか知ってる。どうなったのか分からないのは2巻で未完結になってる漫画『少女、ギターを弾く』。3巻が動き出したかと小南泰葉はそ ...

review, 北沢東京

review, 北沢東京

好きになった時には解散してた。解散後も曲が流れ、カラオケで歌われる程の超有名バンドではないけど、私の胸をノックする曲が届いたんだ。きっかけは、中古家具屋のダンボールにCDがまとめ売りされていた。その、一人が所有していた程度の量を見るに ...

review, 北沢東京

review, 北沢東京

某市の二胡サークルのこと。役所登録で演奏求人情報が共有される。ウクレレ教室や学生四重奏らがサークル登録して、駅のお祭り広場、老人ホームほか演奏を求める場とマッチング。楽器背負って街イベや慰問の会場に行くと、普段接点も無いお客さんが、程 ...

review, Su凸ko D凹koi, 北沢東京

review, Su凸ko D凹koi, 北沢東京

時は来た!すっとこどっこいの『MOMANAIDE』がMV公開。別れた元カレに対する「思っちゃったんだからしょうがない」系の歌だ。過去にとらわれていることは、それ自体前に進めない足かせになったりするのだけど、クリティカルなパンチライン= ...

review, 北沢東京

review, 北沢東京

小さな頃読んだ藤子不二雄の漫画で、テレパシーの超能力を手に入れた主人公が一人二人相手に「僕は心が読めるんだ」と悦に浸っているうちに、世の中の人たちのすべての声が脳に直接聞こえてきて、狂ってしまうというのがリアリティあったのだけど。今や ...